【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

産業と文化の祭典にぎわう

本紙掲載日:2016-11-16
8面
町内外から大勢が訪れた「第29回干支の町フェスティバル」
支援が必要な人をサポートする北方学園の生徒
幼児のかわいらしい発表に来場者も癒やされた
北方コミュニティセンターでは多くの作品が展示された
ブースではコースターづくりの体験もあった

干支の町フェスティバル−延岡市北方町

 延岡市北方町の最大のイベント「第29回干支(えと)の町フェスティバル」(同推進協議会主催)は13日、北方総合支所駐車場周辺であった。少し汗ばむほどの陽気の中、町内外から訪れた人でにぎわった。

◆多彩なコーナーに発表も−北方学園中生が大活躍

 同町の産業と文化の祭典。会場では地元の農林産物や加工品、林業体験コーナーなど約30のブースが軒を並べ、特設ステージでは幼児から大人まで幅広い年代がダンスや演奏、歌など日ごろの活動を発表。北方コミュニティセンターでは絵画や俳句、手作り小物などさまざまな団体のバラエティーに富んだ作品が展示された。

 北方学園中学校の生徒たちは今年も大活躍。同校はキャリア教育の一環として開校時の一昨年から主催の推進協に参画し、大人に交じってプログラムの企画や当日の運営に携わっている。

 この日は、出展したブースで延岡学園高校調理科が開発した大人気スイーツ「延学プリン」や高千穂高校生産流通科の「安信(あんしん)茶」などを販売した。

 また、九州保健福祉大学のエイサーサークルなどが出演するステージイベントを手掛けたほか、職業体験の協力者たちのブースで来店の呼び掛けを行ったり、支援が必要な人のサポート、ごみの管理、会場案内など多くのシーンで奮闘する姿が見られた。

その他の記事/過去の記事
page-top