【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

舟谷好救援坂口逆転打−延岡学園

本紙掲載日:2016-11-15
9面
【決勝・延岡学園―宮崎工】6回から救援し被安打2と好投した延岡学園・舟谷
6回、中前に逆転の2点打を放つ坂口

第43回県高校1年生野球大会・球音

◆「全国を意識し」通過点

 「自分たちは監督から『まだ甲子園に出られても1回戦を勝てるかどうか』と言われている。甲子園を意識し強い体をつくって、2年生と一緒に春以降に向かっていきたい」。前評判通り、頂点に立った延岡学園。だが、主将を務めた椿原塁は浮かれずに次を見据えた。

 全国連覇を達成した門川中をはじめ軟式、硬式から県北の逸材が集結。さらに県内外から能力の高い選手がそろい、秋も主力で戦った1年生が多い。予選から3試合連続でコールド勝ち。しかし、準決勝、決勝は苦戦した。

 決勝で流れを変え、勝負を決めたのは2年生も含めたチームでは出番の少ない投手の舟谷翔大と外野手の坂口透哉だった。

 舟谷は1点ビハインドで試合が膠着(こうちゃく)した六回からマウンドへ。三者凡退で切り抜けると、それまで1安打の打線が奮起。2死二、三塁として打席には坂口。「今までチームに迷惑を掛けていたから、とにかく思い切りよく」。初球を中前にはじき返して逆転した。

 七回は舟谷が無死満塁で3番を迎える大ピンチ。「相当緊張したが、自分のやるべきこと。とにかく腕を振るだけ」―。内野ゴロ二つと三振で切り抜けると、以降も威力のある直球で押し、優勝投手となった。

 経験豊富な同級生たちに「奥深くまで野球を見ていて、団結して戦えばすごい」と2人。坂口は「まずは守備を鍛えて、試合で使える選手になり、広角に本塁打を打てることが目標」。舟谷も「全国で通用するよう、自分のやるべきことをしっかりして勝てる投手になりたい」。これは通過点だ。

その他の記事/過去の記事
page-top