【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

スーパームーンを撮影

本紙掲載日:2016-11-15
3面
延岡市東海町の常夜灯を手前に板谷さんが撮影したスーパームーン(11月16日5時1分)

雨上がりの11月16日朝、アマチュア天文家延岡の板谷さん

 68年ぶりの大きさで見えるというスーパームーンを延岡市無鹿町のアマチュア天文家板谷憲一さん(67)がけさ、東海町で撮影した。常夜灯を手前に200〜250ミリの望遠でとらえた。

 最接近はきのうの午後8時21分ごろで、満月になるのは同10時55分ごろ。ちょうどそのころ県北地方は雨。板谷さんも夜空を見上げ、あきらめていたが、「けさ0時半ごろに雲の切れ間が見え、空が少し明るくなったので準備した」。撮影場所はいろいろ考えたが、そのころの月の高さは天頂付近。撮影しやすい東海の常夜灯でスタンバイした。

 午前4時には天気はすっかり回復。「雲もなくなり、常夜灯を手前にして月もいい角度になり、5時すぎまで撮影した」「雨上がりの水蒸気がすごくて、ピンぼけかと思ったら、レンズが10秒ほどで曇るほどでした」

 国立天文台のホームページによると、月は約35万6千キロに近づき、昭和23(1948)年以来の大きさに見える。今年4月の最も小さかった満月と比べると、直径で約14%、面積で約30%も大きいという。

その他の記事/過去の記事
page-top