【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「自分を今しっかりつくって」

本紙掲載日:2016-11-14
7面
思春期の心と体について西門川中の生徒に話す田中洋院長

西門川中生に田中院長講話

◆思春期の心と体を学ぶ

 門川町の西門川中学校(天辰徳彦校長)の全校生徒33人は同校で11月9日、田中病院(同町宮ケ原)の田中洋院長(63)=精神科医=を講師に、思春期の心と体の特徴や、アイデンティティー(自己同一性)の確立の必要性について学んだ。専門医を学校に派遣する県事業の一環。

 近年、思春期の子どもたちの体の成長は早くなっているものの心の成長が追い付かず、「特に、自分の考えを言語化する能力が低く、体つきとは異なる幼児性が感じられる」という。

 その背景として、自立を妨げるような「無菌志向」の家族や社会のケア、ゲーム機や携帯電話の利用増によるコミュニケーション能力の低下などを指摘。

 「30年前は病院に1人で来て自分の症状についてきちんと説明できる中学生は少なくなかった。最近は親と一緒に来て、症状を聞くと、説明するのはたいてい親。本人はぶぜんとしていて、あいさつもできない。『注射を打ちますね』と言って『はい』と答えるのも親。いや、あなたじゃないでしょうと思うが、そうやって親がコミュニケーションの機会を取ってしまっている」と一例を示した。

 また、アイデンティティーについて「生き生きと生きている実感や、社会に受け入れられているという実感を持てること。私は私であるという感覚を持てること」と説明。

 「皆さんが今いる思春期は、心も体も大人になるための重要なステップ。この時期にアイデンティティーを確立できないと、将来、引きこもりや統合失調症、薬物依存などに陥る可能性もある」とし、「自分はどんな人間になって、どう社会の役に立っていくのか。本当の自分は何がしたいのか。自分と対話し、自分の感情と素直に向き合い、自分というものを今しっかりつくっていってほしい」と語り掛けた。

 心の健康を保つための発想の転換法や、ストレスへの対処法などもアドバイス。檀優華さん(3年)は「これから悩み事が出てきたときは、きょうの話を思い出したい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top