【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

3イベント相乗効果

本紙掲載日:2016-11-14
1面
県内外24団体の明かりが城山周辺を彩った「第10回全国あかりサミットinのべおか」(延岡市の城山北側駐車場)
第20回城山かぐらまつりのフィナーレ。「岩お越し」には子どもたちも参加(延岡市城山城し公園二ノ丸広場)
多くの来場者でにぎわったオータムフェスタ会場

11月12、13日城山周辺大にぎわい−延岡

 延岡市で11月12、13日にかけて、「第10回全国あかりサミットinのべおか」と、「第20回城山かぐらまつり」、旭化成延岡OB会による「第8回オータムフェスタ2016〜いっちみろやふれあい祭〜」が行われ、会場の城山城し公園を中心とする周辺は2日間とも県内外の大勢の来場者でにぎわった。


◆あかりサミット−光のアート

 「全国あかりサミット」は全国の加盟団体が持ち回りで開催しており、今回は延岡市で初めて実施。延岡実行委員会(会長・旭化成OB会の盒驚乕Р馗后砲主催した。

 岐阜県、福井県など県外4団体のほか、県北を中心に24団体が出展。城山公園北側駐車場と北大手門から城山公園に続く沿道にろうそくやLED、白熱電球を使った明かりのアートが並べられた。

 12日夕から、城山二ノ丸広場ではあかりサミットと、城山かぐらまつりの前夜祭を兼ねた開会式があった。オープニングでは、伊形花笠踊り保存会(小田健一会長)の伊形小5、6年生が、花笠踊りを披露し、盛んな拍手を浴びた。

 盒恐馗垢蓮屬茲Δ海従觧海悄今回は、遠くは美濃(岐阜県)から、県内外24団体の明かりが集まりました。今夜は一晩、明かりのゆらめきを堪能し、明かりにひたって癒やされてください」。

 城山かぐらまつりの山崎洋一実行委員長は「神楽と明かりには密接な関係があり、このようなイベントを一緒に開催できたことをうれしく思います」とそれぞれあいさつした。

 県外から参加した団体の代表者らが、竹灯籠のろうそくに点灯式を行ってイベントがスタートした。点灯時間は午後5時からの3時間だったが、かぐらまつりとの相乗効果もあって多くの来場者があった。


◆城山神楽まつり−17保存会が競演

 「城山かぐらまつり」には17団体が出演。前夜祭で9番、本祭りで24番を舞い、盛んな拍手を浴びた。

 前夜祭では地元の4団体のほか大分県宇目市の宇目神楽保存会が「天孫降臨」を披露。本祭りでは各保存会が特徴ある神楽を舞い、日暮れまで太鼓と笛の音が周辺にこだました。

 毎年出演している福岡県豊前市の黒土神楽講は今回、同県外で初となる湯立神楽(ゆだてかぐら)を披露した。舞台横に湯庭(ゆにわ)と呼ばれる結界を張って、「四手神楽(よつでかぐら)」「湯駈仙神楽(ゆみさぎかぐら)」「神隋神楽(かんずいかぐら)」「火鎮(ひしずめ)」「火渡り」の5番を舞った。

 圧巻だったのは太い竹の柱を神様がよじ登り、軽業や餅まきを行った「湯駈仙神楽」。約3メートルの高さに設置された釜で湯を沸かし、最後に、三方張られた縄の一つから滑るように地上に降りると、大きな歓声と拍手に包まれた。

 黒土神楽講の有馬徳行代表は「祈祷(きとう)色が強い神楽なので、あまり見たことがないと思います。山崎実行委員長との『いつか延岡でやりたい』の約束が果たせました」と話していた。


◆オータムフェスタ−ショーや買い物楽しむ

 13日に、延岡市役所第2駐車場で行われた「オータムフェスタ」でも、ステージイベントや農産物、水産加工品の販売など各種の催しに大勢の人たちが詰めかけた。

 ステージではオープニングセレモニーに続き、フラダンスや早日渡神楽、ばんば太鼓演奏などがあり客席を楽しませた。会場では朝取れ野菜や延岡の特産品販売のほか、延岡学園調理科のスイーツなども好評だった。

 野口記念館では日向市出身の落語家・桂歌春さんの独演会、同じく日向市出身の演歌歌手・小田矢かなさんの歌謡ショーがあり会場を沸かせた。カルチャープラザのべおかアートギャラリーでは12、13日、会員による趣味の作品展があり、来場者の目を楽しませた。

 盒恐馗垢蓮峭ヅ靴坊辰泙貎佑僚仟も良く最高。三つのイベントが連動した相乗効果もあり、一緒にやって良かった。再来年のオータムフェスタ第10回、OB会40周年記念の節目に向けて弾みになります」と笑顔で話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top