【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

富島高校−創立100周年を祝う

本紙掲載日:2016-11-12
1面
混声三部合唱で校歌を歌う在校生
式辞を述べる大山江里子校長
誓いの言葉を述べる大津亜衣奈さん

受け継ぐ「富島魂」さらに高みへ

 日向市の富島高校(大山江里子校長)の創立100周年記念式典が、12日午前、体育館で行われた。全校生徒や卒業生、歴代の校長、保護者など約千人が出席して節目を祝い、さらなる発展を願った。

 同校は大正5年、東臼杵郡立農業学校として設立。富高農学校、富高実業学校などと改称を重ね、昭和23年の学制改革により富島高が誕生した。同39年には門川高へ農業科、林業科を、同50年には日向高へ普通科を分離独立。現在は商業、家庭科系の専門校として歴史を重ねている。

 式典は、郷土芸能部「やまび鼓」の力強い和太鼓の演奏がオープニングを飾り、会場には創立からこれまでの歩みを振り返る動画がスクリーンに流れた。

 大山校長は「これまでの伝統は多くの先人、諸先輩方の富島魂ともいうべき気概と、さらなる高みを目指して進化し続けようとする、たゆまぬ努力の上に成り立っていることを忘れてはなりません」。

 全校生徒に「記念すべき年に本校で学び、式典に立ち会えることへの喜びとともに、この伝統を引き継ぐ者としての責任を自覚し、その精神や理念を自分のものとして、さらに進化、発展させていく使命がある」と訴えた。

 生徒を代表して前生徒会長の大津亜衣奈さん(生活情報科3年)は、「自立・友愛・創造の教訓のもと、人間性を高め、夢をかなえるために日々頑張っています。100年という長い歴史と伝統を胸に、これからの高校生活をさらに充実させていくことを誓います」と述べた。

 最後は全校生徒が校歌を斉唱。この日のために練習を重ねた混声三部合唱を披露し、男女の美しいハーモニーで式典を締めくくった。

その他の記事/過去の記事
page-top