【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大八郎と鶴富姫、悲恋の物語を現代に再現

本紙掲載日:2016-11-08
8面
鶴富姫の田原理子さん
那須大八郎の椎葉慧詩さん
観光しいばの那須歩さん

椎葉平家まつり2016−11〜13日「大和絵巻武者行列」は12、13日

 平家落人伝説を今に残す椎葉村の「椎葉平家まつり2016」(同まつり実行委員会主催、夕刊デイリー新聞社など後援)は11〜13日、同村上椎葉の役場周辺などで開かれる。3日間にわたり、源氏の那須大八郎と平家の鶴富姫の悲恋の物語を現代に再現する。メーンの「大和絵巻武者行列」は12、13日のいずれも午後1時から。

 壇ノ浦の戦いから800年に当たる昭和60年の初回から、台風災害による一時中断を経て今年で31回目。毎年、同村ゆかりの若者が那須大八郎、鶴富姫、観光しいばの3役を務め、盛り上げる。

 初日の11日は、午後6時から鶴富姫法楽祭。鶴富姫役の田原理子さん(25)=看護師、宮崎市在住=が迎えのこしに乗り、鶴富屋敷から同村役場横の中央ステージへと向かう。

 かがり火に照らされた上椎葉街道を進む行列と、中央ステージで待つ那須大八郎役の椎葉慧詩さん(29)=会社員、同村大河内在住=との逢瀬の場面は、序盤の大きな見どころだ。神事、琵琶演奏、神楽奉納も行われる。

 12、13日に行われる約350人による「大和絵巻武者行列」は同まつりの花形。初日に続き那須大八郎と鶴富姫の逢瀬を再現した後、観光しいばの那須歩さん(20)=団体職員、同村下福良在住=も加わり、それぞれこしに乗って、武者に扮(ふん)した地元の子供たちや神楽保存会らでつくる行列を伴い、豪華絢爛(けんらん)な衣装で上椎葉街道をパレードする。

◆多彩なイベント盛りだくさん

 同村役場横の中央ステージでは、多彩なイベントを企画している。

 12日は午前11時から椎葉いのしし鍋(熊本地震復興応援イベント)、正午から平家琵琶ミニコンサート、午後0時10分から郷土芸能披露など。

 13日は午前9時30分から宮崎学園高校吹奏楽部のミニコンサート、同10時40分からスペシャルゲスト森昌子さんによるコンサート、同11時から椎葉いのしし鍋(熊本地震復興応援イベント)、午後0時10分から郷土芸能披露など。


◆鶴富姫−田原理子さん(25)=看護師、宮崎市在住

 母が椎葉村出身で、幼い頃から平家まつりを見る機会がありました。武者行列に感動し、大きくなったら鶴富姫になりたいというその夢が、縁あって今年かないました。食べ物、景色、人の温かさなど椎葉村の魅力は尽きませんが「百聞は一見にしかず」です。多くの方にお会いできることを楽しみにしています。


◆那須大八郎−椎葉慧詩さん(29)=会社員、同村大河内在住

 大変光栄に思っております。大役ということで不安はありますが、勇ましく心優しい大八郎を演じられるよう、精いっぱい務めて参ります。私が育ったこの椎葉村は、脈々と受け継がれる伝統文化や広大な自然など魅力にあふれています。その魅力を感じていただき、またお越しいただけることを願っております。


◆観光しいば(20)那須歩さん=団体職員、同村下福良在住

 幼い頃から平家まつりの主役である鶴富姫、観光しいば、那須大八郎に憧れていました。今回、観光しいばに選ばれて、とてもうれしく思っています。今年の平家まつりが今までで1番良かったと言ってもらえるよう、また、椎葉村の顔として、大好きな椎葉村のPRを精いっぱい頑張りたいと思います。

その他の記事/過去の記事
page-top