【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新米まつりにぎわう

本紙掲載日:2016-11-07
4面
購入者がまとめ買いした30キロ袋入りの玄米を台車に乗せて運ぶスタッフ

好評“うなま米”に長蛇の列−美郷町北郷宇納間

 “うなま米”の新米を限定販売する「新米まつり」が6日、美郷町北郷宇納間の手づくり屋「北の郷(さと)」駐車場広場で行われ、町内外から人が訪れた。JA日向北郷支店主催。レイクランド西郷、美郷町後援。

 「粘りがあっておいしい」と評判のうなま米、午前10時の受け付け開始時には整理券を求め長い列ができた。

 今年から1人何袋でも購入可能とあって、まとめ買いする人も多く、30キロ袋入りのヒノヒカリの玄米を一人で10袋近く買い求める人もいた。5キロ袋入りの精米も人気だった。

 午前11時から引き渡しが始まり、注文を受けた町役場やJA日向の職員が台車に乗せ、買い物客の車に積み込む作業を何度も繰り返した。

 会場では美郷ノ蔵による手作りの蒸しパン、豆腐などの農産加工品、地取れの農産物を販売。買い物を終えた人の中には、炊きたてのうなま米ご飯、具だくさん鶏汁、豆腐、こんにゃくをセットに限定販売された「北の郷御膳」に舌鼓を打つ光景が見受けられた。

 夫婦で延岡市柚の木田町から来た78歳の男性は「初めて来ました。今まで食べていたうなま米は粘りがあって、冷めてもおいしかった。自宅で食べるのが楽しみ」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top