【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

北村さん金、長友さんは銀−旭化成アビリティ

本紙掲載日:2016-11-05
2面
アビリンピックで金メダルを獲得した北村さん(右)と銀メダルを獲得した長友さん

全国障害者技能競技大会

 第36回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)in山形は10月28〜30日、山形県山形市と天童市で行われ、延岡市の旭化成アビリティから出場した北村重雄さん(27)が縫製部門で金メダル、長友あやかさん(22)がビルクリーニング部門で銀メダルに輝いた。

 同大会は、障害のある人が職場で培った技能を競い合うことで職業能力の向上を図るとともに、広く障害への理解と認識を深めてもらい、雇用の促進を図ることが目的。独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が主催。

 今年は全国の地区大会を勝ち抜いた約370人が出場。22種目の職業技能で、日本一を目指して技を競った。

 北村さんと長友さんは、前回大会に続く挑戦で、北村さんは前回銅メダル、長友さんは銀メダルを獲得している。

 北村さんは、前回の反省を生かして「必ず金メダルを取る」との意気込みで、1枚のエプロンを縫い上げる課題に挑戦。生地に余裕を持たせるための膨らみや、立体的に仕上げるための縫い込みなどに気を付けて作製したという。

 金賞と聞いた時は「うれしいよりも信じられない気持ちでした」と北村さん。頂点を極めたことで、今後は挑戦しない予定だが、腕を磨き続けるために「職場で新たな課題を一緒に考えて、技能の向上を目指したい」と、上司の山田秀樹さんは期待を込める。

 長友さんの課題は、7分間でカーペットを、10分間でプラスチック素材の床を掃除するというもの。長友さんは普段、事務が専門で、大会のためにカーペットの掃除機がけと、床のモップがけの特訓をして臨んだ。

 「緊張したけど、スムーズに仕事を進められた。金メダルを取りたかったので悔しい」と振り返る。明るい性格と笑顔で職場を和ませてくれる存在。大会にも前向きで、「次は必ず金メダルを取りたい」と、3度目の挑戦に意欲を見せた。

その他の記事/過去の記事
page-top