【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

合同チーム初の銀メダル−上野・田原

本紙掲載日:2016-11-04
9面
【準決勝・上野田原―門川】力投する上野田原の甲斐
【決勝・上野田原―財光寺】2回、安打を放ち笑顔を見せる上野田原の佐藤翔

第39回夕刊デイリー新聞社旗争奪日豊中学野球選手権大会決勝・クローズアップ

◆「自信と次への糧に」

 上野・田原は合同チームとして初めて銀メダルを胸に。黒木優太監督は「ここまで来られた自分たちを褒めて、自信にしてほしい。そして、勝ちきれなかったことは次に生かしてほしい」と語り掛けた。

 部員不足2校の合同チームのため、平日の練習はそれぞれで合同練習も月1回ほど。「子どもたちは自分たちで考え、話し合いながら練習に取り組んでいる。それが結果につながった」と黒木監督。

 後半勝負の粘り強い戦いを演じ続け、主将の新名能直は「我慢と集中を大事にしている」と勝ち方に胸を張った。

 快進撃の原動力は主戦の甲斐嵐士。初戦の昭和戦に続き、準決勝でも強豪を完封。「相手は良い打者ばかり。打たれてもしょうがないという気持ちだった」と右腕。序盤は制球が乱れたが、後半は「下半身を使い、腕を上から振り下ろすようにして投げた」と修正。伸びのある直球で押し込み、バント安打2本を許したのみだった。

 大きな拍手でねぎらう保護者とは対照的に、「悔しい」と満足する様子がなかった選手たち。新名は「打撃と声掛けが反省点。しっかり改善したい」とチームの思いを代弁。甲斐は「守備が失策しても、打線が打てなくても、僕1人で試合が作れるようになる」と成長を誓う。

 黒木監督は「決勝という舞台を経験できたのはすごく大きい。これをきっかけに一人一人がもっと成長し、県で勝負できるようになりたい」と可能性を感じていた。


◆いつも通りに−上野田原・佐藤翔(準決勝、決勝で計4安打)

「いつも通りに打席に入れた。ライナーやゴロの打球を意識し、次打者につなぐ気持ちでバットを振った。これからもどんな相手でも物おじせずに、1打席1打席を大事にしていきたい」


準優勝の上野・田原
その他の記事/過去の記事
page-top