【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

門川町福祉ふれあい祭り

本紙掲載日:2016-11-03
6面
司会者の質問に答える、テーマを考案した篠塚隆弥君
来場者、ボランティアも一緒にラジオ体操
元気に会場を盛り上げた九州保健福祉大学エイサーサークル
町高齢者クラブ連合会の会員に教わり、コマ回しに挑戦する子どもたち

秋空の下温かな心の輪

 門川町の「第23回福祉ふれあい祭り2016」は10月30日に町総合福祉センターであり、爽やかな秋空の下、家族連れやボランティアなど多くの町民でにぎわった。

 さまざまなイベントを通して福祉の心を育てようと毎年開いている。同祭り実行委員会(森誠一実行委員長)と同町社会福祉協議会(濱口典子会長)の主催。

 森実行委員長は、支えてくれる多くのボランティアに感謝し、来場者に「きょう一日ゆっくり過ごしてほしい」と呼び掛け。来賓の安田修町長は「子どももお年寄りも、障害のある人もない人も、支え合い、認め合い、温かい心で福祉のまちづくりに努めていきたい」とあいさつした。

 今年のテーマ「育てようみんなでまこう福祉の種」の表彰もあり、考案した西門川小3年の篠塚隆弥君は「福祉の花が咲いて、みんなが集まるといいなと思いました」と思いを語った。また、司会者から「将来の夢は」と聞かれると「ロボットをつくる人になりたい」と笑顔で答えた。

 来場者は点字や手話の体験、ドングリゴマ回しなどの昔遊びに挑戦したり、骨密度などを測定して健康状態をチェックするなど各ブースを回り、楽しみながら身近な福祉に対する理解を深めていた。

 ラジオ体操、九州保健福祉大学エイサーサークルや庵川ばんば踊り保存会などのステージ、お楽しみ抽選会、◯×ゲームなどの参加型ゲームもあり、盛り上がった。

その他の記事/過去の記事
page-top