【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

門川町ネットで口座振替

本紙掲載日:2016-11-03
1面

来年3月から宮崎銀行のサービス利用

 門川町は来年3月から、パソコンやスマートフォンで税などの口座振替の申し込みを受け付けるサービスを始める。宮崎銀行が開発した「みやぎん収納プラットホーム」を利用し、町民の利便性向上や職員の業務負担軽減につなげる。町としては全国初の取り組みになるという。

 同行事業統括部によると、自治体が行う税や利用料などの収納業務は少子高齢化の中で収納率維持と業務効率化が課題。手軽なコンビニ収納の利用が伸びているが、用紙の印刷費や送料などの費用や手間がかかる。費用の低い口座振替は窓口での手続きや振替が月1回などの不便さで利用率が下がっている。

 同プラットホームはインターネット上で収納サービスを展開。納税者が口座振替を申し込む「口振受付」、自治体と金融機関間で口座振替データの受け渡しを代行する「自治体口振」、規定日とは別に振替日を追加する「自動再振替」、滞納状況を調べる「滞納処理」の4サービスで構成する。

 自治体口振や自動再振替を利用する県内自治体はあるが、4サービスをすべて利用するのは門川町が初。滞納処理のシステムが本年度中に完成した後、本格的に運用を始める。宮崎銀行だけでなく、他の地方銀行や信用金庫にも対応している。

 町民にとっては手続きの手間が簡略化され、給料日など生活環境に合わせた振替日の設定が可能。電子データでやり取りすることで、自治体にとっても事務負担が軽減され、個人情報紛失などのリスクも軽減されるという。

その他の記事/過去の記事
page-top