【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

スマホでレシート受領

本紙掲載日:2016-11-02
4面
マルイチ全店に導入したスマートレシート

九州初、過去の履歴管理も−マルイチ

 県北を中心に県内8店舗を展開するスーパーマーケットの「マルイチ」(本社・日向市、高木大社長)は1日から、レシートをスマートフォンで受け取る「スマートレシート」を全店に導入した。過去13カ月分の購入履歴の管理、食料や日用品など費目ごとの自動振り分けがあり、「一番手間のかからない家計簿サービス」とアピール。九州では初の導入となった。

 スマートレシートはレジスター大手の東芝テックが平成26年10月に事業開始。現在はマルイチを含め全国12社の142店舗で利用されている。

 高木社長によると、昨年4月に導入した電子マネー「Edy(エディ)」が店舗によっては決済の半分近くで利用されており、「こちらが想像している以上にお客さまの進化が早い」と感じ、スマートレシートの導入を決めたという。

 会計時にレジで受け取る紙のレシートを電子化し、スマートフォンの専用アプリで受け取る。画面上ではこれまでと同じ形式でレシートが表示される。このほか、購入履歴一覧やレシートの詳細、事前に設定した9費目ごとの集計などが表示可能。割引券やメーカーが展開するキャンペーンなどとも連動できる。希望すれば紙のレシートも発行される。

利用者にとっては財布がレシートでかさばることがなく、支出管理の手助けになる。高木社長は「家計簿の手間を減らしたいと考えていた。小さな整備かもしれないが、利用者にとって少しでも楽になってもらえるといい」と話した。

 利用方法は、マルイチカードへの入会、アプリ「マルイチ」のダウンロードと会員登録が必要。初回のみカードとスマートフォンを提示する。以降はこれまで通りカードを提示するだけ。詳細は各店舗のサービスカウンターで対応する。

その他の記事/過去の記事
page-top