【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

里神楽にぎやかに開幕−延岡

本紙掲載日:2016-10-31
3面
「幣の手舞」を舞う子供たち
鎮守を奉納するメンバー
餅まきなどのお接待が訪れた人を楽しませた

大峡保存会、12番を奉納

 県北神楽の幕開けとなる大峡神楽保存会(黒木弘一会長)の第25回里神楽は10月29日夜、延岡市大峡町の公民館であり、神楽12番を奉納。地元やゆかりの人たち大勢が集まり、秋の夜長を楽しんだ。

 神事の後、黒木会長が「地域の皆さんのおかげで25回目を迎えることができた。最後までみんなで楽しみましょう」とあいさつ。保存会のメンバー14人がそれぞれ舞い手や奏楽を担当し、訪れた人を楽しませた。

 吉良天翔君(門川高1年)、熊本雄太君(東海小4年)、川越奏君(緑ケ丘小3年)、熊本紋奈さんは幣の手舞など3番を披露。大きな拍手を受けていた。

 合間には地域の人が準備したお接待や餅まきなどもあり、多くの人が笑顔で交流していた。

 延岡の神楽はこれから本番。11月5日に歌糸菅原神社秋祭りよど(北浦町三川内・歌糸菅原神社)、12日に梅木鴟尾神社秋祭りよど(北浦町三川内・梅木鴟尾神社)。19日に市尾内菅原神社秋祭りよど(北浦町三川内・市尾内菅原神社)、下塚秋祭りよど(北浦町三川内・下塚公民館)、熊野江秋祭りよど(熊野江町・南浦集落研修センター)と続く。

 12、13日は延岡城址(じょうし)二の丸広場で、「城山かぐらまつり第20回記念九州大会」がある。

 また、門川町では12日に尾末神楽祭(尾末漁港うみすずめステージ)、日向市では19日に坪谷神社秋祭りよど(坪谷神社)で神楽が奉納される。

その他の記事/過去の記事
page-top