【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

賞の人(13)−日向市歴史観光ボランティア「平兵衛さんの会」

本紙掲載日:2016-10-28
3面
美々津の町並みを案内する平兵衛さんの会

第43回夕刊デイリー明るい社会賞

◆知識共有し観光ガイド

 市内を訪れた観光客に、郷土の自然風土や歴史文化を広く紹介する。東九州道の全線開通に伴い、観光案内の依頼は大幅に増加。会員は研修会などで個々の知識や技術を高め、観光客の要望に応え続けている。

 設立は平成15年。現在の会員は40〜70代の29人。松葉藤吉会長は「どういった表現を使ってガイドするかは会員の個性だが、歴史の認識などは違ってるといけないので、集まって読み合わせをして会員同士で共有している」と日々の努力を語る。

 毎週、美々津駅にはJR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」が停車する。乗客の一部は朝食前に伝統的建造物群保存地区などを散策。同会の案内で町並みを見て回る。取り組みは3年目を迎え、これまで800人以上にお舟出伝説など紹介してきた。

 一方で近年では、海外から大型クルーズ船が入港し、国外の観光客からも要望が増えているという。会員は少しでもコミュニケーションを取ろうと、中国語、韓国語、英語のあいさつを覚えるなど自己研さんに努めている。

 「観光客の方々に質問をいただき、答えられないこともある。会員みんなで共有し、常にレベルアップを図っている」と松葉会長。「向上心のある人たちばかりが集まっており、活動は生きがいにもなっている。これからもガイドを通して観光に深みを出したい」。

(推薦者=福田幸一・日向市観光振興課長、田崎登保・日向市観光協会顧問、山本達雄・同協会事務局長)

その他の記事/過去の記事
page-top