【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「ゆるま〜れ」が開所

本紙掲載日:2016-10-26
3面
開所した共生型福祉事業所「ゆるまーれ」(延岡市櫛津町)
講演する惣万理事長

延岡市に共生型福祉事業所

◆お年寄り、障害児・者、子どもが交流−子育てや困りごと相談も

 身体に障害のあるなしにかかわらず、「お年寄り」「障害児・者」「子ども」を一つ屋根の下で受け入れる「ひかり学園共生型福祉事業所『「ゆるま〜れ』」が25日、延岡市櫛津町に開所した。開設・運営するのは社会福祉法人宮崎県社会福祉事業団(澁谷弘二理事長)、障害児・者支援施設ひかり学園(田爪節子園長)。

 ひかり学園向かいの木造二階建ての民家の2階を改築。16畳分の洋間と8畳分の台所がつながった広い空間で事業を行う。

 土々呂地区とその近辺に住む高齢者、子ども、障害のある人を対象に―
ゝし擇暴犬┐觚鯲の場を提供し多彩な活動を行うことで地域のコミュニティーの活性化を図る
土々呂小児童を対象とした学習支援
C楼莉嗣韻鯊仂櫃忙勸蕕討籠常の困りごとの相談を受け、専門機関への紹介などを行うことで安心した生活を送れるよう支援する。

 利用は登録制で、問い合わせはゆるまーれ(電話延岡37・7222)、またはひかり学園(電話延岡37・0158)。

 25日は、県、市の福祉関係者、地元の教育機関、区長などが出席して開所式が行われた。県社会福祉事業団の澁谷理事長、田爪園長、佐藤純子市保健福祉部長、須田利勝区長があいさつに立ち、市内で初となる施設に期待を寄せた。

 ひかり学園の中村さおり福祉係長は「一人一人の顔が間近で見られる空間づくりをめざしています。食事会やフリーマーケットなども計画していますので、近隣の皆さんにはぜひ気軽に立ち寄っていただきたいです」と話していた。

 共生型福祉サービス施設は平成5年に富山県で誕生した「このゆびとまーれ」が日本で初。民家を使い、家庭的な雰囲気で対象者を限定せず、赤ちゃんからお年寄りまで、障害の有無にかかわらず、誰もが一緒に住み慣れた地域で交流でき、全国に広がっている。

◆富山型の理事長が講演

 23日には、富山県で「富山型デイサービス」を進めてきたNPO法人このゆびとーまれの惣万佳代子理事長が延岡市を訪れ、土々呂コミュニティセンターで「あったか地域の大家族―富山型デイサービスの23年」と題して講演した。

 会場には県内各地から約300人が詰めかけて聞き入った。惣万さんは「誰もが地域の中で自由に、自分らしく、豊かな人間関係の中で生きていける社会にしたい。認知症の人をみんなで受け入れたり、町内で暮らしている人の悩みを一緒に悩み、考えるまちにしたい。地域のために自分に何ができるか、日本中の一人一人が考え、行動に移していけば必ず住みよい国になるでしょう」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top