【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

16避難所に「特設公衆電話」

本紙掲載日:2016-10-25
3面
協定書を手に握手を交わす佐藤町長(左)とNTT西日本宮崎支店の朝長支店長

日之影町とNTTが協定

 日之影町と西日本電信電話(NTT西日本)宮崎支店(朝長和彦支店長)は20日、災害時に町内の避難所に避難した人たちらが無料で利用できる「特設公衆電話」の設置・利用に関する協定を結んだ。あらかじめ町の指定避難所に電話回線を整備し、いざという時の迅速な通信手段の確保につなげる。

 特設公衆電話が設置されるのは、町の指定避難所となる町民センターや保健センターなど16カ所に16回線。

 事前に回線工事を行った上で、災害発生時などに対象の避難所が開設された際、町が電話機を設置し、そこに避難した人が無料で利用できる。発信専用のため、着信を受けることはできないが、停電時にも利用できるなど一般の電話よりもつながりやすいメリットがあるという。

 この日は、町役場を訪れた朝長支店長が佐藤貢町長と協定書を取り交わした。佐藤町長は「協定は、避難された方々の通信を確保する上で非常に心強い。いざという時に有効に活用していきたい」。朝長支店長は「災害発生時の通信確保は重要。いつ、どこで災害が起こるか分からない中で地域の防災、減災の一助になれば」と話した。

 同支店は、平成25年から県内の市町村と同様の協定締結を進めている。

 特設公衆電話が設置される避難所は次の通り(回線数は各1)。

 町民センター、清流園、天神荘、保健センター、高巣野研修センター、田植え踊り館、平底コミュニティーセンター、日之影活性化センター、歌舞伎の館、小川の郷、石垣茶屋、仲組小跡集会室、見立せせらぎの里、鹿川地区交流センター、さくら館、高齢者等活性化センター(一の水活性化センター)

その他の記事/過去の記事
page-top