【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

坂元紀雄さん(延岡)入賞

本紙掲載日:2016-10-24
6面
坂元紀雄さん
受賞作品「鏽渋」

独立展で2年連続

 延岡市松山町の油絵画家、坂元紀雄(としお)さん(63)が、独立美術協会の「第84回独立展」(10月12〜24日、国立新美術館)で佳作賞を受賞した。協会準会員入りをした昨年の新人賞に続き2年連続の受賞。

 同協会は、二科会など団体の枠を超えて気鋭の作家14人で昭和5年に発足。自由、平等に作品を批評し合うことを尊重し、これまで多くの画家を輩出している。

 坂元さんは公立校の美術教諭を務めながら40年間にわたり出品。これまで19回入選できたが「入賞には縁がない」と半ば諦めていた矢先の昨年、「受賞2回もしくは、20年間以内に入選20回と受賞1回」という基準に合格し、念願の準会員入りをかなえた。

 そして今年は、さらに上位の佳作賞に。昨年と同じ題名の「鏽渋(しゅうじゅう)」で2作品を出品し、いずれも入選。そのうち大作の135F型(194×162センチ)が受賞した。

 鏽渋とはさびてザラザラした状態を表す言葉。無機質な空間の中で幼い子どもが眠る様子を描いた。社会不安の中でも、未来を担う子どもたちを大切に守っていきたいという願いを込めた。

 審査員は「マチエール(画肌)がいい」「陰に赤を使う人はめったになく、その赤も他の人とは違う」と評価された。

 来年の85回記念展に向けて既に構想の練り込みと地塗りに着手。「とにかくいいものをつくりたい」と張り切っている。

 11月16〜20日にはカルチャープラザのべおか2階アートギャラリーでの個展を計画。独立展の受賞作品をはじめ、「チャレンジの表現」という作品などを展示する予定。

その他の記事/過去の記事
page-top