【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

台風16号で被害−ビニールハウスを修復

本紙掲載日:2016-10-24
2面
使えなくなったビニールシートを巻き取る作業を支援者と行う黒田さん(右端)

北川の黒田さん、周囲の励まし支援で−延岡

 先の台風16号で被災した北川町長井の農業黒田五司さん(64)所有のビニールハウスの修復作業が、JA延岡豆部会「みどりちゃん」などの支援で取り組んだ。

 黒田さんはスナップエンドウに初挑戦する計画で、種まき前の土壌消毒を終えた直後に被害に遭った。ビニールハウスは濁流にのまれ完全に水没したという。

 精神的にも大きなダメージを受けたが、周囲の励ましもあって再度挑戦することを決意。ビニールハウスを修復することを聞きつけた同部会のメンバーやJA延岡の職員が「少しでも力になれば」と支援を申し出た。

 初日は同部会の甲斐淳一部会長やJA延岡職員のほか、黒田さんが定年退職するまで勤務していた会社の同僚など計12人が駆け付け、はがれたビニールシートや曲がった鉄パイプなどの撤去作業に汗を流した。

 黒田さんは「とてもありがたいです。感謝の言葉しかありません。再利用できる資材は3割程度。建設業者と相談しながら、11月中には建て替えを終えたい」と話し、間に合えばスナップエンドウに再挑戦し、できない場合はスイートコーンを栽培する計画という。

その他の記事/過去の記事
page-top