【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

お米学習で稲刈り作業−JA延岡

本紙掲載日:2016-10-24
2面
刈り取った稲を手にする参加者たち

青壮年部の食育活動−トップは北川小

 延岡市内7校の小学5年生を対象に、JA延岡青壮年部(佐々木敬一部長、64人)が食育活動の一環で取り組むお米学習の稲刈り作業が17日から始まった。

 トップを切ったのは同市北川町の北川小学校(二見孝子校長、128人)。5年生21人が同町川坂の田んぼ3アール分で、昔ながらの鎌を使っての手刈りを体験した。

 指導したのは同青壮年部北川支部(佐藤徳幸支部長、9人)の部員3人で、同JA北川支店の職員4人もサポートした。

 品種はヒノヒカリ。6月23日に自分たちで田植えを行い、水やりや除草などの管理は田んぼを提供した佐藤支部長ら部員が交代で行った。

 ほとんどの児童が稲刈りは初めて。最初は悪戦苦闘していたが、次第に慣れた手つきで次々と刈り取っていった。

 早田彩巴=いろは=さん(11)は、「大きく成長していたので驚きました。稲刈りは疲れました。農家の皆さんの大変さと食べ物の大切さが分かりました」と話した。

 収穫した米の一部は同校に寄贈され、12月11日のレクリエーションで作るカレーライスに使う予定。

 お米学習の稲刈りは上南方、川島、東海東、延岡、南、北方学園の各小学校で11月上旬まで行われる。

その他の記事/過去の記事
page-top