【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

台風16号被害総額103億5千万円

本紙掲載日:2016-10-22
3面

県まとめ−ここ10年で2番目

 県は21日、9月19〜20日にかけて本県を襲った台風16号による被害は103億5000万円に上ると発表した。公共土木施設が6割を占めた。ここ10年では平成19年の台風4号(被害額約150億円)に次ぐ規模。

 公共土木施設は河川の護岸決壊や路肩決壊などが460カ所で相次ぎ、64億1900万円(18日現在)。内訳は県関係が220カ所の42億2700万円、市町村関係が240カ所の21億9200万円。

 エリア別は日向土木事務所管内が220カ所(うち県関係86カ所)と最多で、宮崎土木事務所管内の76カ所(同52カ所)、延岡土木事務所管内の50カ所(同26カ所)と続いた。西臼杵支庁管内は12カ所(同2カ所)、北部港湾事務所管内は県関係の2カ所だった。

 農水産業関係は確定して29億9475万円。農地と水路などの農業用施設被害が最も大きく、1208カ所の23億200万円に及んだ。農作物関係は5億9843万円。このうち、キュウリやタマネギなどの野菜は19市町の548ヘクタールで2億610万円、水稲は21市町村の1797・5ヘクタールで全・半倒伏や冠水などして5616万円。ほかに、ビニールハウスや農機具倉庫などの破損、倒壊などが579件発生し2億1770万円。

 水産関係は9432万円。延岡、日向市、門川町などでは漁具倉庫など、日向市などでは直売所などが一部破損して6623万円。

 林業関係は8億9572万円(18日現在)。林道は日向市の14路線19カ所、美郷町の27路線30カ所など10市町村の60路線73カ所でのり面や路側崩壊などが起き、5億5080万円。林地は美郷町、諸塚村、門川町などの10カ所で山腹が崩壊し、3億100万円。

その他の記事/過去の記事
page-top