【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

年齢問わず、きれいに

本紙掲載日:2016-10-20
6面
毛利さん(左)から眉の描き方を習う参加者

眉スタイリング講座−いなかま

 延岡市富美山町のコミュニティカフェ「いなかま」(石丸惠子代表)で19日、「眉スタイリングのしかた」講座があった。参加者はランチを楽しみながら眉の描き方やアイメークなどを学んだ。

 同カフェは、NPO法人福祉支援協会サークル(石丸代表)が運営。お年寄りを中心に誰でも気楽に趣味や飲食を楽しめる場として平成25年に中川原町から移転オープンした。

 講座は、「お年寄りの方々にもおしゃれをして外に出掛けてほしい」という思いから企画。「延岡まちゼミを縁に親しくなった」(石丸代表)という祇園町のスキンケアハウス「るぴなす」の毛利有理沙さん(32)を講師に開催した。

 毛利さんはまず、理想の眉は「目頭の真上に眉頭」「小鼻と目尻を結んだ延長線上に眉尻」「一番上の眉山は眉頭から3分の2の所」「水平な一直線」であることを紹介した。

 理想の描き方は、眉頭、眉山、眉尻の位置を決め、最初はペンの細い面で眉山から眉尻を描き、次にペンの太い面で眉頭から眉山付近を描くという。

 その際、右と左で得意な側からメークしがちであることを伝え、「苦手な方から行うとバランスよく整えられる」とアドバイス。ファンデーションの塗り方や爪の手入れ体験などもあった。

 野地町の横山香苗さんは「今までは力が入っていましたがソフトに描けばいいということを学びました。とっても印象が変わりました」とニッコリ。

 毛利さんは「年齢に関係なくメークできれいに元気になっていただきたい。今後もさまざまなイベントをやっていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top