【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

賞の人(8)−笠村昭二郎さん(89)延岡市春日町

本紙掲載日:2016-10-20
3面
下校する子どもたちを声掛けしながら見守る笠村さん

第43回夕刊デイリー明るい社会賞

◆子どもの見守り、声掛け

 「お金や物の貸し借りはトラブルの元だからしてはならんよ」。わが子に言い聞かせるような言葉を、大型店でたむろする中学生に掛ける。古き良き時代の〃お節介な大人〃を地で行く活動を長年地道に続けている。

 困った人を見過ごせないのは性分だ。小学4年の時には近所の川で溺れた幼い子ども無我夢中で救った。火事場にも幾度となく飛び込み、フィルム火災が起きた映画館から、取り残された人たちを危機一髪で救い出したこともあった。

 元特攻隊員。終戦の引き揚げで目の当たりにした広島の人々の悲惨な光景に胸を痛め、同僚にも協力を求め手持ちの食料をかき集めた。「生涯子どもたちを守ろう」と誓った。

 そして平成13年6月に大阪・池田小で起きた無差別児童殺傷事件で、新たな時代の脅威に戦慄(せんりつ)した。凶器を手に弱者を襲う存在に、「大人が子どもを守っていかなければ」と決意した。

 率先して通学路での見守りを開始し、地元のお年寄りも賛同。活動は県連合会全体にまで波及し、高齢者による見守りは日常の光景にまでなった。

 現在は社会の「孤独」にも目を向け、大型店では子どもたちだけでなく、一人でいるお年寄りへの声掛けにも励んでいる。

(推薦者=橋本範憲・延岡市恒富小学校校長、高橋浩司・同教頭、名嘉真隆・同PTA会長)

その他の記事/過去の記事
page-top