【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

悪徳業者の手口や対策学ぶ−延岡

本紙掲載日:2016-10-13
2面
高齢者を見守る人たちを対象に開いた消費生活セミナー

地域で高齢者見守る人たち−消費生活セミナー

 地域で高齢者を見守る人たちを対象にした消費生活セミナー「みんなで見守り気付いてつなごう!」がこのほど3日、カルチャープラザのべおかであり、参加者は悪徳業者の手口や対策を学んだ。県消費生活センター主催。

 同センター延岡支所で消費生活啓発員を務める佐藤尚美さんが、「あなたの見守り力が地域の高齢者を守る」を副題に講演。地域包括支援センター職員やヘルパー、民生委員、区長、行政の担当者など約100人が参加した。

 佐藤さんは、高齢者の多くは「お金」「健康」「孤独」という三つの不安を抱えており、悪徳業者はそこにつけ込んで商品を売りつけたりもうけ話を持ち掛けると説明。

 こうした消費者トラブルでは被害に遭った高齢者が、「だまされたことに気付きにくい」「被害を打ち明けず、誰にも相談しない」といった傾向が見られ、泣き寝入りが多い実情を紹介した。

 また、「契約は口約束だけで成立し、いったん成立した契約は原則解約できない」という基礎知識を説明。普段何気なくしている買い物もすべて契約であり、「服のサイズが合わなかった」といった理由での返品などはあくまでも店が善意で応じているだけと語った。

 その上で、お年寄りを無料の景品で誘い、最後に高額商品を売りつける「ハイハイ商法」などの手口を紹介。電話勧誘を断る際、「結構です」「いいです」「よかろう(方言)」といった返事では相手に都合よく解釈される恐れがあるため、はっきりと「いりません」と言うことが大切だと強調した。

 高齢者の見守りは、|里覘気付く声掛けせ実確認ゾ霾鹹鷆 修鮨干櫃韻襪茲Ε▲疋丱ぅ后「知る」ためには消費生活センターなど市町村の相談窓口で提供する、さまざまな事例や最新情報、出前講座を活用するよう呼び掛けた。

 「気付く」ためには普段からあいさつしたり家族とも接し、▽知らない人が出入りしている▽元気がない▽元気が良すぎる▽外出が増えた▽段ボールが増えている▽知らないパンフレットがある▽急に節約を始めた―といった変化に注意深くなるよう求めた。

 その上で「声掛け」は低い声でゆっくり話し、相手を子ども扱いせずに話を最後まで聞き、本人の意思を確認するよう指導。真に必要な支援は「事実確認」と「情報提供」だとして、各関係機関と連携している消費生活センターを見守りの拠点にしてもらうよう訴えた。

 同セミナーは深刻な状況が続く高齢者の消費者トラブルの未然防止や早期発見につなげようと、県消費生活センターが県内3会場で実施した。

その他の記事/過去の記事
page-top