【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

さらなる町勢発展目指す

本紙掲載日:2016-10-11
8面
日本最南端の「五ケ瀬ハイランドスキー場」
県の天然記念物に指定されている浄専寺の「枝垂れ桜」
国の重要無形民俗文化財に指定されている「荒踊」
地元産のブドウだけで造られる「五ケ瀬ワイン」
五ケ瀬中等教育学校(奥)。手前左は子育て支援施設、同右は町総合公園「G―パーク」陸上競技場
原田俊平町長

五ケ瀬町町制施行60周年特集

 五ケ瀬町は、昭和31年8月1日に旧三ケ所村と旧鞍岡村が合併し、町制を施行してから今年で60周年の節目を迎えた。9月30日現在の人口は、4101人(男1985人、女2116人)。人口減少や少子高齢化などが進む中、「ずっと五ケ瀬やっぱり五ケ瀬〜ありがとうあふれる笑顔〜」を合言葉に町民と一体となったまちづくりを進め、さらなる町勢発展を目指す。

◆記念式典は15日、16日まで記念イベント

 15、16日は記念式典と記念イベントを行い、町の〃還暦〃を祝う。記念式典は15日午前10時から町総合公園「五ケ瀬ドーム」で。

 先人に感謝の黙とうをささげた後、原田俊平町長らがあいさつを述べ、自治功労者8人、教育文化功労者3人、社会福祉功労者3人、産業功労者1人を表彰。また、町出身者ら3人に感謝状を贈る。

 同11時20分からは記念イベント。16日までさまざまなステージイベントなどが予定されている。


◆「全国に誇れる町を創造」原田俊平町長

 五ケ瀬町は、昭和31年8月1日に三ケ所村と鞍岡村が合併し、町制を施行して以来、今年で60年という大きな節目を迎えることができました。

 この60年にわたる着実な歩みは、厳しい社会情勢の中で豊かなまちづくりにご尽力いただいた先輩諸賢の努力、関係各位の皆さまのご支援、ご協力のたまものと深く感謝し、敬意を表します。

 地方自治体を取り巻く環境は、人口減少や少子高齢化など年々厳しさを増しており、直面する課題を克服するために、創意と工夫による自主的・主体的な行政運営が求められています。

 60周年を節目として、さらに五ケ瀬らしさ、五ケ瀬ならではを前面に出し、攻めの施策を展開しながら「ずっと五ケ瀬やっぱり五ケ瀬〜ありがとうあふれる笑顔〜」を合言葉に、町民の皆さまとともに全国に誇ることができる五ケ瀬町を創ってまいる所存です。

 引き続き、関係各位の温かいご支援とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。



◆五ケ瀬町60年のあゆみ

◇昭和31(1956)年
旧三ケ所村と旧鞍岡村が合併、「五ケ瀬町」が誕生

◇昭和40(1965)年
三ケ所神社の「石刻門守神像(2面)」が県指定有形文化財に
浄専寺の「枝垂れ桜」が県指定天然記念物に


◇昭和41(1966)年
町花に「しゃくなげ」を制定

◇昭和45(1970)年
夏の成人式始まる

◇昭和47(1972)年
役場新庁舎が完成

◇昭和48(1973)年
町木に「あおすぎ」を制定

◇昭和50(1975)年
国道218号「津花バイパス」開通

◇昭和54(1979)年
国道218号「岩神バイパス」開通

◇昭和61(1986)年
町鳥に「めじろ」を制定

◇昭和62(1987)年
「荒踊」が国指定重要無形民俗文化財に

◇昭和63(1988)年
北海道新得町と姉妹町盟約を締結

◇平成2(1990)年
日本最南端の「五ケ瀬ハイランドスキー場」がオープン

◇平成5(1993)年
高千穂高校五ケ瀬分校が閉校

◇平成6(1994)年
公立として全国初の中高一貫校「五ケ瀬中学校・五ケ瀬高校」(現五ケ瀬中等教育学校)が開校

◇平成8(1996)年
自然の恵み資料館がオープン。国道265号「国見バイパス」開通

◇平成10(1998)年
ごかせ温泉森の宿「木地屋」がオープン
町立病院が現在地に移転

◇平成12(2000)年
総合公園「G―パーク」が完成

◇平成14(2002)年
国道503号「宮の原―坂狩」間が事業完了
三ケ所神社本殿が県指定有形文化財に

◇平成16(2004)年
県営ふるさと農道(現・町道岩神―西線)「夕日の里大橋」(橋長240メートル、高さ90・5メートル)開通

◇平成17(2005)年
五ケ瀬ワイナリーが完成

◇平成19(2007)年
コミュニティーバス「Gライン」運行開始

◇平成21(2009)年
共生型福祉施設「ぬくもり」が開所

◇平成22(2010)年
主要地方道「竹田―五ケ瀬」線桑野内地区が全線開通

◇平成24(2012)年
五ケ瀬中央保育所、子育て支援センターが開所
五ケ瀬ワイナリーに多目的交流施設「風のホール」が完成

◇平成27(2015)年
本町を含む5町村の「高千穂郷・椎葉山地域」が国連食糧農業機関(FAO)の世界農業遺産に

◇平成28(2016)年
鞍岡、三ケ所中学校が統合、「五ケ瀬中学校」が開校
町制施行60周年記念式典、記念イベント

その他の記事/過去の記事
page-top