【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高齢者に安全運転呼び掛け−延岡警察署

本紙掲載日:2016-10-11
2面
危険な位置や距離を確認する参加者の皆さん

延陵自動車学校で講習会

 延岡市の国道218号沿いに住む高齢者を対象にした安全運転講習会がこのほど、同市松山町の延陵自動車学校であった。約20人が、日没が早くなるこの時期の運転上の注意点などを確認した。

 延岡警察署は昨年11月、県内全域に高齢者死亡事故多発警報が出たのを受け、独自に緊急の安全運転講習会を実施。今年は警報は出ていないが、安全意識を高めてもらおうと、昨年に続けて開催した。

 同署交通課の坂元智弘課長が、管内では今年、この日までに65歳以上の高齢者1人が亡くなっていることを説明し、「数日間意識不明の後に亡くなる方もある。今年も悲しい事故が起きる前に、反射材を使ったり、反射材使用を周囲に教えて事故防止に努めてほしい」と話した。

 教習コースでは、直進中に交差点の左側から来る車と衝突する事故を想定してデモンストレーションがあり、署員が「自分の方が交差点に近いと思って加速した場合、相手も加速する可能性が高く、重大事故につながることがある」と説明。

 右折しようと交差点内で対向の直進車を待っているときの注意点では、「対向車が同じ50キロでも、バイクなど小さい車両だと遅く感じ、普通自動車など大きな車両だと速く感じる」と説明されると、参加者は安全に右折できる対向車との距離を自分の目で確認した。

 歩行者として横断歩道を渡るときには、「反射材を身に着けたり、ヘッドライトで照らされたときに目立つ赤や黄色の衣服を着て運転者に気付かれやすいようにすること。歩行者の位置によって、車が右折する場合と左折する場合では死角が変わる。薄暗い時間帯での歩行に特に注意するように」などと呼び掛けた。

 同署は、市内の旭興自動車学校(愛宕町)と東九州自動車学校(土々呂町)でも、同様の講習会を実施する計画という。

その他の記事/過去の記事
page-top