【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

植野幸雄さんの卒寿を祝う−延岡

本紙掲載日:2016-10-11
3面
卒寿を迎えた植野幸雄さんと87歳になる妻榮子さん

元椎葉村教育長、教師塾の会長

 元椎葉村教育長で、教師塾「鐘揚会」(しょうようかい)会長の植野幸雄さん(90)=日向市東郷町山陰=の卒寿を祝う会が9日、延岡市のキャトルセゾン・マツイで開かれた。

 植野さんは大正15年10月10日、日向市美々津生まれ。宮崎師範学校卒。昭和22年に教師になり寺迫小、島野浦小、旭小の教諭を経て小原小、川島小、東海小の教頭、都井小、飫肥小、一ケ岡小の校長。

 40年間の教職生活後、昭和63年、請われて椎葉村教育長に就任し、平成12年まで3期12年務めた。川島小教頭時代の昭和50年に教育と教師の在り方を勉強する教師塾「鐘揚会」を立ち上げ、会員は多いときは300人に達した。昨年、40周年祝賀会が開かれ、会長引退を申し出たが、会員の要望により引き続き会長。

 書家としても知られ、会場には大きな作品が飾られた。植野聖鳳延岡書道協会会長の父。この日は内助の功、妻榮子さんが今月15日で87歳を迎えることからご夫妻の健康長寿を祝った。

 会場には教育、文化、書道関係者、親族など約80人が参集して祝福した。教師の後輩になる牧野哲久元延岡市教育長が「植野先生が育てられた先生たちはみんな素晴らしい先生になっている」と話し、小学5、6年生の時、旭小で担任として植野先生から習ったという野中玄雄今山大師住職は「言葉遣いが悪いと、げんこつをもらったこともあり、厳しいけど人間味のある熱血先生という思い出があります」と紹介した。

 ご本人は「私より上の世代は戦争でたくさん亡くなりました。生き残りはわずかです。激動の時代によくも90まで生きてきたなあ、生きていて良かったなあと思います。これからも頑張りたいと思います」とお礼を述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top