【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

歴史的押し出し死球−高千穂

本紙掲載日:2016-10-10
9面
【準決勝・高千穂―都城商】9回、サヨナラのホームを踏んだ飯干颯馬

第139回九州地区高校野球大会県予選・球音

◆痛みは「夢」じゃない証

 高千穂の歴史は押し出し死球で変わった。次打者だった主将の岡莉久は「喜ぶよりも夢のような気持ちだった」。同点の九回1死満塁―。右打席で踏み込んだ平川祥のグリップ付近にボールが直撃する。「うれしさの方が大きかった」という平川祥の右手首に残った痛みが、夢が現実になった証だった。

 過程は奇跡でも、結果は積み上げた力でつかみ取った。

 勝てば甲子園にさらに近づく九州大会へ。重圧の懸かる試合で失策数は0―4。守備の精度が、明暗を分けた。

 九回の攻防が象徴的。表の守備で1死から二塁打を許しピンチを迎える。が、ずっと練習し、ここ一番で初めて見せたけん制で二走をつり出して挟殺。初回から機動力で揺さぶりたい相手をいなしてきた守備で流れを止めた。

 攻撃では先頭が今大会、ここまで無安打だった飯干颯馬。「ずっとみんなに助けられてきた。最後、チームのために出塁したかった」。思い切り引っ張った打球が相手三塁手のグラブを弾いて二塁打。振り逃げなどもあり、1死満塁にした時点でほぼ勝負ありだった。

 岡は「守備は練習でレベルアップし、あのけん制も初めてやってできた。ベンチの雰囲気が伝わって、ミスを恐れずにできているから」と同じように集中を切らさず、大声を出し続けたベンチの仲間に感謝した。

その他の記事/過去の記事
page-top