【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂、初の九州出場へ

本紙掲載日:2016-10-10
1面
初の決勝進出、九州大会出場を決め喜ぶ高千穂の選手たち
声援を送る高千穂の応援団

第139回九州地区高校野球大会県予選準決勝

◆10日決勝、延学は惜敗

 第139回九州地区高校野球大会県予選準決勝は8日、宮崎市のKIRISHIMAひむかスタジアムであり、高千穂が都城商に3―2で逆転サヨナラ勝ち。初の決勝進出と、九州大会(22日開幕、大分県)出場を決めた。延岡学園は鵬翔に3―4で逆転サヨナラ負けを喫した。決勝は10日午後1時から同球場。(関連記事9面)

 春のセンバツ甲子園につながる大会。秋の大会で初の4強入りを果たした高千穂は今大会で初めて先制を許す。しかし、2点を追う五回に馬原希琉選手の右前打などで追いつく。

 投げては工藤泰治選手、馬原選手の継投を無失策の守りで盛り立てた。九回は飯干颯馬選手の左線二塁打などから平川祥生選手の押し出し死球で劇的なサヨナラ勝ちを果たした。

 2年ぶりの九州大会を目指した延岡学園は3―1の八回に追いつかれ、九回にサヨナラ打を許した。

 高千穂の戸睛亀監督は「初めての追う展開だったが、粘って崩れなかったことが、攻撃につながった。先輩たちも甲子園を目指す同じ思いでやってきたことが今回、実を結んだ」と話していた。


◆逆転サヨナラ勝ちに感無量−応援席に大勢の郡ゆかりの人

 いつもの保護者、関係者に加え、およそ60人の生徒も駆け付けた高千穂の応援席。だが、それよりもはるかに多くの西臼杵ゆかりの人たちが、スタンドで大声援を送った。

 「一つ勝つのがやっとだったチームが。夢みたいだ」と喜んだのは、佐藤智哉内野手の父で保護者会長の佐藤伸介さん(高千穂町)。「一般の方もそれぞれ車などで駆けつけてくれた」。

 吹奏楽に合わせた応援をする都城商に対し、いつも通り神楽の太鼓をたたいて、「かっとばせ○○」。その声は徐々に大きくなり、最終回は球場も巻き込んだ。

 「声の応援だが、相手のブラスバンドに負けない応援だった」と佐藤さん。「飛び抜けた選手はいないが、エラーなく、少ないヒットで点につなげてくれた。指導陣に恵まれ、チーム力でつかんでくれた」と感無量だった。

その他の記事/過去の記事
page-top