【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向十五夜祭−地域に根差した秋祭り

本紙掲載日:2016-10-06
6面
約20年ぶりに復活するねぶた「那須与一」
お化け屋敷を約15年ぶりに開催する日向お化け屋敷団
祭りに登場するやぐら餅つき(一昨年の平岩地蔵尊大祭)

8、9日JR日向市駅前交流広場と中心市街地

 県北三大祭りの一つ「日向十五夜祭」が8、9日、JR日向市駅前交流広場と中心市街地で開かれる。厄年の男衆による八幡神社の神輿(みこし)練り歩き、舞踊隊の日向十五夜音頭総踊り、多彩なステージイベントなどがある。両日とも上町、本町の商店街通りなどは歩行者天国(午後1〜9時15分)となる。主催は同祭奉賛会(熊本恵蔵会長)。

◆神輿巡行総踊り

 厄年の男衆が担ぐ神輿は、富高の八幡神社での神事後、駅前交流広場へ向け出発する。午後1時から出陣式。神楽奉納の後に地区内を巡行し、同3時30分ごろ本町の幸福神社に到着する。

 9日は午後1時に幸福神社から八幡神社に向けて出発、再び市街地を練り歩く。

 舞踊隊には、上町区、本町区、市職員、奉賛会本部舞踊隊の約250人が参加。総踊りは両日とも午後4時ごろ(初日は駅前ロータリー、2日目は市街地)、同8時すぎ(初日は市街地、2日目は駅前交流広場)に行われる。

◆「ねぶた」今年も

 昨年に続き、20年以上前に作られたという「ねぶた」が登場。過去の祭りで南町の日高男さん(故人)が製作したものを奉賛会が修復した。

 昨年披露した「横綱」「国引」「大石内蔵助」の3基に、今年は「那須与一」が加わる。

 那須与一は駅前ロータリーに設置し、一部のねぶたは台車を付けて奉賛会本部舞踊隊と一緒にパレードする。

◆復活!お化け屋敷

 お化け屋敷が約15年ぶりに復活。地域住民でつくる「日向お化け屋敷団」の主催で、トライアル向かいの大番パチンコ立体駐車場で開催する。

 「リアル廃墟」をコンセプトに、実際に病院で使われた扉などの小道具が用いられ、来場者は立体駐車場に設けられた暗闇の迷路を進む。お化け役には市内の高校生も参加するという。

 入場料300円。時間は午後2〜7時。

◆多彩な催し

 今年は、平岩地蔵尊大祭で恒例の「やぐら餅つき」が登場する。両日とも本町の宮崎銀行日向支店駐車場で来場者につきたての餅を振る舞う。本町商店街振興組合の主催。

 無病息災を願う恒例の茅(ち)の輪くぐり、区などの団体がつくる見立細工展示、裏千家淡交会日向分会のお接待、日向署のパトカーと白バイの乗車体験会(9日午後1〜5時)、海保の制服試着会(同)などもある。

 また、幸福神社の参道周辺には夕方から、7色に光るLED電球を使った「夢ちょうちん」1800個をともす。点灯は午後5時30分〜8時30分。

その他の記事/過去の記事
page-top