【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「元気、励ましもらった」

本紙掲載日:2016-10-06
4面
薪能の20年間の思いを話す松下宏さん

20年の節目迎える薪能−NPO法人のべおか天下一市民交流機構理事長松下宏さん

◆延岡の文化行事として定着

 “天下一”の能面、石垣、能楽師が一体となって幽玄の世界を創り出す「のべおか天下一薪能」。内藤記念館所蔵の能面を着け、観世流能楽師シテ方の片山九郎右衛門さんらが延岡城址(し)の石垣を背景にしたヒノキ舞台で舞う薪能は、延岡の文化行事として定着、今年で節目の20回目を迎える。発案者の一人で主催者のNPO法人のべおか天下一市民交流機構理事長の松下宏さん(71)に話を聞いた。

――20回目を迎えます
やっぱり、実行委員会メンバーの現在の年齢を考えるとすごく長い20年だったという実感。成功した喜びの方が大きいが、チケットが売れない苦しい思い出もある。ただ、その苦労が「次回こそは」という思いの起点になった。薪能について「すごく良かったね」と市民から褒め言葉や感謝の言葉を掛けられて「もう1回挑戦しよう」という気持ちが2年、3年と続いて最終的に20年も続いた。今は、ボランティアの中学生や高校生が元気をくれる。市民に元気、励ましをもらって頑張ってきた20年だった。

――薪能が始まったいきさつは
延岡市制60周年の平成5年に内藤家第17代当主の故・内藤政道氏から延岡市へ能・狂言面が寄贈され、当時文化課にいた酒井修平さん(現・同機構副理事長)から「これらの能面を生かしたい」という話があった。市民有志の間に「薪能をしよう」という話があり、〃天下一〃の能面を使うなら日本一の演者を呼ぼうということで、内藤記念館の能面を鑑定した能面研究家の中村保雄さんに、九世片山九郎右衛門(片山幽雪)さんを紹介してもらうことになった。中村さんは亡くなられたが、幽雪さんは「話は聞いている。中村先生の遺言と思って頑張ります」と仰ってくださった。

――薪能が20年間続いた理由は
薪能にはたくさんの〃天下一〃がある。能面、演者、延岡城址の石垣など。舞台の背景にある石垣は奥と手前にあり、大きな木が立っていて奥行きがあり、桟敷席も合わせて立体的になっていて、私は世界一の舞台、会場だと思っている。
そして、延岡にはお殿様が延岡の文化をつくった遺伝子みたいなものが脈々と流れており、延岡市民が高い文化の素地を持っている。幽雪さんがあいさつで「延岡市民こそ天下一ですよ」という涙が出るような言葉を言ってくださったことがある。延岡市民から僕らが育てられたという実感だ。

その他の記事/過去の記事
page-top