【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

試験牛、味は格別−延岡

本紙掲載日:2016-10-03
3面
管内で育てた優良牛の味に舌鼓を打った「日向延岡合同焼き肉フェスタ」

東臼杵郡市畜連−来年の全共へ一致団結

◆日向延岡合同焼き肉フェスタ

 来年9月に宮城県仙台市で開かれる第11回全国和牛能力共進会(全共)に生かそうと、東臼杵郡市畜産農業協同組合連合会(東臼杵郡市畜連、福良公一代表理事組合長)管内で育てた肉用牛を試食する「日向延岡合同焼き肉フェスタ」が1日、延岡市櫛津町の東臼杵郡市市場であった。

 1年後に控えた全共を前に、管内の和牛生産関係者が一致団結し、本大会出場や本県の3連覇に貢献しようと、同畜連が実行委員会を組織して初めて計画。生産者の家族ら約300人が参加し、交流を深めた。

 試食したのは、管内から肉牛の部の出品を目指す星川牧場(同市北浦町)と林田畜産(美郷町西郷)が、昨年3月から今年9月にかけて肥育した試験牛。通常の肥育牛は生後28カ月前後で出荷するが、全共の出荷条件が生後24カ月未満のため肥育試験に取り組んだ。本番に向けては今年3月から各4頭を肥育している。

 冒頭あいさつに立った福良会長は、「子牛の9月期せり市で平均価格が80万9千円と過去最高額を更新し、小林市であった先のプレ全共(県出品対策共進会)では十数年ぶりに優等に入るなど、管内は良い傾向にあり、力強さを感じている。今回のフェスタでチーム東臼杵を盛り上げ、全共出場目指して一致団結していきたい」と理解、協力を呼び掛けた。

 炭火焼きの煙とともに食欲をそそる香ばしい匂いが漂う中、参加者は1人当たり千円で購入した焼き肉セット(牛肉200グラム、カット野菜付き)を、金網の上に乗せて焼きながら管内で育った優良牛の味に舌鼓を打った。

 母牛3頭と子牛2頭を育てる繁殖農家の岩切忠教さん(78)=延岡市下伊形町=は、「雰囲気が良く、格別の味ですね。子牛価格の高値が続いたおかげで元気が出て、やりがいを感じています。牛のことぐらいしか趣味がないので、今後も健康で良い牛を育てていきたい」と話した。

 同フェスタに向けて延岡、日向両JAや県、各市町村の関係者が事前に市場の清掃などの準備を行い、当日の設営や駐車場の案内役を務めた。

その他の記事/過去の記事
page-top