【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

作業中の安全訴え

本紙掲載日:2016-09-28
3面
延岡市北川町内で農作業の安全を呼び掛けるキャラバン隊

県北にキャラバン隊−JA

 稲刈り期を前に農作業中の事故防止につなげようと、JAグループ宮崎の「農作業安全キャラバン隊」が9月26日と27日、県北内を巡回し、農作業中の安全の徹底を呼び掛けた。

 全国一斉展開されている「秋の農作業安全月間」(9〜10月)の一環として、普通期水稲の収穫などの農繁期に合わせ、同グループが独自で7年前から続けている。

 JA延岡管内では26日午前、「STOP!農作業事故」「農作業事故多発!安全確認の徹底!」と書かれた広報車両に、キャラバン隊のメンバーとJA延岡の職員が同乗し、延岡市川原崎町の本店を出発。先の台風16号で水稲の倒伏、冠水の被害が目立った同市北川町の深瀬、長井地区や市内の祝子町、沖田町、小野町などを約2時間かけて巡回した。

 途中、生産農家に「コンバインで収穫する場合、異物が機械に入り込むと故障の原因になるので、取り扱いに注意してください」と呼び掛けたほか、車載スピーカーで「事故の発生と死亡事故が多い農作業前後、トラクターやトラック運転中、草刈り機の使用中は特に気を付けましょう」などと農作業中の農業者に訴えた。

 26日午後はJA高千穂地区、27日午後はJA日向管内を巡回した。キャラバン隊は9月15日に宮崎市内で出発式を行い、10月7日までに県内13すべてのJA管内を巡る計画。

 同グループによると県内では毎年、農作業による約300件の重傷事故、高齢者を中心に約10人の死亡事故が発生。特に平成22年度は死亡者が16人と全国で5番目、九州で最多だった。直近の26年度は9人の尊い命が犠牲になった。機種別では乗用型トラクターなど農業機械による事故が最も多い。

その他の記事/過去の記事
page-top