【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

このはなロードに綿の花−延岡

本紙掲載日:2016-09-28
3面
応援隊のコットン部門のリーダー武田弘子さん(右)から説明を聞く旭化成ベンベルグ工場のOB、OG
たくさんのコットンボールが見られる

ベンベルグの原料−工場OBが楽しむ会

 世界で唯一、旭化成が延岡市だけで生産しているキュプラ繊維「ベンベルグ」はコットン(綿)が原料。正確には「コットンリンター」と呼ばれる、綿の種を覆う産毛が原料だ。

 その綿が463本、130メートルにわたって植えられている同市野地町の堤防(愛称コノハナロード)で24日、旭化成ベンベルグ工場OBの「コットンの花を楽しむ会」が開かれた。

 ここに綿が植えられたのは旭化成を意識してのこと。それを知ったメンバーが「みんなに知らせたい」と企画し、市内外から31人が参加した。コノハナロード市民応援隊(松田庄司代表)の案内で堤防を歩いた。

 綿は、アオイに似た花が咲いた後、1週間ほどでグリーンボールになり、それが弾けて白いフワフワのコットンボールになる。現在、463本のうち3分の1程度がコットンボールになっている。

 38年間の在職中、コットンリンターの品質検査などで海外23カ国を巡った濱谷義男さん(68)=宮崎市在住=は「綿花畑を日本で、しかも延岡で見ることができるなんて。感動しました」。

 応援隊に入っているOBも多く、今回の会を企画した堤内秀雄さん(73)=延岡市在住=もその一人。堤内さんは「応援隊の主要メンバーは、毎朝ここに来て植物の世話をしている。すごいと思う。一緒に活動する仲間が増えてほしい」と話していた。

 この日の「楽しむ会」は、コットンの花と現在の同工場見学の2本立て。工場ではOBたちが応援隊の隊員に説明した。

 応援隊は、この堤防を四季を通じて楽しめる場所にしようと、六つのプロジェクトを行っている。‥群式譴劼爐桜(河津桜)∈擇硫岫コットンロードぅ▲汽マダラの道の駅ゥ癲璽張.襯箸離丱薛θ犂濂屐コットンは来年、植え付け場所を300メートルに延ばす予定という。

その他の記事/過去の記事
page-top