【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

五輪の頑張りたたえ慰労

本紙掲載日:2016-09-27
3面
出口陵司後援会長の音頭で乾杯。メダリスト3選手を慰労した

旭化成柔道部後援会が祝賀会−延岡

 「実業団の大会は一回も出たことはありませんので、来年は出たいと思っています」−−。26日に延岡市旭町の向陽倶楽部で開かれた旭化成柔道部後援会(出口陵司会長)のリオ五輪祝賀会で金メダリストの大野将平選手がそうあいさつすると、会場からひときわ大きい歓声と拍手が沸いた。

 五輪直後、「柔道という競技の素晴らしさ、強さ、美しさが見せられた」と印象的な談話を残している大野選手。祝賀会でも「五輪は終わりましたが、国内の大会もいっぱいあるので、生で見て柔道のおもしろさを知ってほしい」とここでもアピールした。

 延岡出身の羽賀龍之介選手は「リオ五輪に出たから東京五輪に出場できるだろうと思っておられる人も多いと思いますが、4年間は厳しいものがあります。簡単に出られるもんではありません。一年、一年が厳しいので、今はしっかり休んで、目標を決めて頑張りたいと思っています」と決意を披露。会員には、「応援してくれているんだろうなと思って、気持ちを切り替えた」と3位決定戦に臨んだことを話した。

 永瀬貴規選手は「今回のことを生かしてまた頑張りたい」と応援に感謝。
いつもの実業団や世界選手権後の祝賀会よりも多い会員が出席。3選手の活躍をたたえ、大きな拍手で出迎えた。

 出口後援会長はあいさつで、「みなさんの応援が地球の裏側まで届いた」とモニター観戦などで声援を送った会員らに感謝。リオに同行した旭化成延岡支社長で後援会顧問の山添勝彦さんは「生の迫力はすごかった。ラテン系ののりといいますか、足を踏みならすなど完全アウエー状態でした」と会場の雰囲気に触れ、その中でメダルを取った選手をたたえた。また、「東京ではリオ五輪に出場しなかった選手も頑張ってほしい」と柔道部員に注文をつけた。

 懇親会後、後援会副会長の佐藤公昭さんの音頭で万歳を三唱。3選手の活躍と今後の健闘を祈念した。

その他の記事/過去の記事
page-top