【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

リオ五輪メダリスト3選手、堂々パレード−旭化成柔道部

本紙掲載日:2016-09-27
1面
パレードを行う旭化成柔道部のリオ五輪メダリスト3選手。手前左は同部の中村監督
首藤市長から、延岡市民栄誉賞を受ける羽賀龍之介選手

沿道の市民、拍手と声援−羽賀選手に市民栄誉賞

◆大野、永瀬選手スポーツ功労賞

 リオ五輪男子柔道競技でメダルを獲得した旭化成柔道部の大野将平選手(73キロ級・金メダル)、永瀬貴規選手(81キロ級・銅メダル)、延岡市出身の羽賀龍之介選手(100キロ級・同)の凱旋(がいせん)パレードが26日、同市中心部であり、大勢の市民が沿道から祝福した。市は3人の功績をたたえ、地元出身の羽賀選手に市民栄誉賞、大野選手と永瀬選手にアスリートタウン延岡スポーツ特別賞を贈った。

 3選手は、それぞれが獲得したメダルを胸に2台のオープンカーに分乗し、延岡駅前から贈呈式が行われる野口記念館まで、約2キロをパレード。沿道には、一般市民をはじめ岡富中学校の生徒や、「感動をありがとう」と書かれた手作り横断幕を掲げた園児ら約2500人が駆け付け、惜しみない拍手と声援を送った。

 パレード後3人は野口記念館で行われた贈呈式に出席。首藤正治市長が「日本男子7階級すべてメダル獲得。プレッシャーと期待を見事に力に替え、日本柔道復活といえるリオ五輪だった。素晴らしい活躍をした延岡ゆかりの3選手には、この先も期待される。4年後の東京五輪は大きな舞台。今回を一つのステップに活躍を祈念している」と祝辞を述べ、賞状と功労金の目録を贈った。

 市民栄誉賞を受賞した羽賀選手は「皆さんの声援に感謝するとともに、市民栄誉賞の受賞をうれしく思っている。金メダルの約束が銅メダルという結果に終わり申し訳ない。金メダルの夢は今回かなえられなかったが、4年後に東京で大きなチャンスがあるので、一年一年頑張っていきたい」と凱旋報告。

 アスリートタウン延岡スポーツ特別賞を受賞した大野選手は「リオ五輪は終わったが、一つ一つの大会で勝ち続けて延岡市を盛り上げたい。それが4年後の東京五輪につながると信じている」、永瀬選手は「目標の金メダルはかなわなかったが、学んだこともたくさんあった。今回の経験があって良かったと思えるよう、4年後の東京五輪に向けて頑張りたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top