【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

災害ごみ、臨時収集所に山積み−延岡市

本紙掲載日:2016-09-22
1面
山積みされた災害ごみ(北川町本村公園)

北川町3カ所−24、25日に回収

 台風16号災害後初の休日となった22日も、大きな被害を受けた北川町内の民家や事業所では家族・従業員総出で片付けや掃除に追われる光景が見られた。

 町内3カ所の臨時ステーション(収集所)には、きのうから運び込まれた廃棄物が山積みされていた。

 まだ水分を含んで泥や枯れ草などがこびりついたたんすやいす、マットレスといった粗大ごみや、じゅうたん、調理器具など、生活に必要な品々が無残な姿となり、水害の激しさが感じられた。

 災害ごみの取り扱いについて、浸水被害の大きかった北川町では各地区で定めた災害用臨時ステーションに持ち込むよう呼び掛けている。

 ステーションは、本村公園、家田生活改善センター、熊田バス待機場の3地区。24、25日に回収を予定している。

 排出期間は30日までだが、量によっては延長することもあるという。エアコン、テレビなどの家電類は、北川総合支所で受け付けして自宅に保管すれば後日回収する。

 北川町以外の被災地は、電話で戸別収集を受け付ける。期間は30日までとし、状況に応じて延長する。罹災(りさい)証明書を提示すれば収集手数料は減免。証明書が間に合わない場合は、写真などを提示し、後日提出でも可能。

 また、被災者が市清掃工場に災害ごみを持ち込む場合は、罹災証明書を提示することで手数料が減免される。証明書が間に合わない場合は、被災区長証明書でも減免を受けることができる。

 災害ごみに関する問い合わせは資源対策課(箟箍34・2626)、清掃工場(箟箍33・1869)。

その他の記事/過去の記事
page-top