【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「内水対策を急いで」北川町熊田

本紙掲載日:2016-09-21
1面
台風16号による内水被害の後片付けに追われる人たち(20日午後、延岡市北川町の曽立地区)

浸水被害が常態化−曽立地区

◆複数の建物、豪雨で泥水流入

 「この地区は山から流れてくる水が怖い」。20日の台風16号による豪雨で浸水し、複数の建物が一時孤立した北川町川内名・熊田の曽立地区の人たちは、度重なる水害の要因をそう語った。

 曽立地区は北川沿いに位置し、支流である小川との合流点にも近い。そのため、今回の浸水発生当初は、北川が氾濫した平成9年の大水害と絡めて伝えた報道もあったが、実際には山手から流れる谷川から水が広がって起きていた。

 谷川は同地区南側の国道10号側伝いにあり、北川に注ぐ。普段はほとんど水が流れていないが、大雨のたびに山手からの水が土地の低い同地区へと集まる形で激流へと化ける。

 だが、北川が増水すると逆流現象で谷川の水がはけきれず、地区内へと広がる形で浸水。今回、1階部分が浸水した老人保健施設は、平成9年大水害から同様の被害が5回も発生するなど、曽立地区は浸水被害が常態化している。

 谷川の注ぎ口には水門があり、従来は、本流から逆流しそうな場合に地元消防団が閉じていた。この負担解消と、より早い逆流防止策として、県は一昨年までに、北川増水時に自動的に閉門する水門(フローティングゲート)も併設した。

 ただ、「谷川が増水すれば、水門を閉めてしまうと結局、水が逃げ切れずにたまってしまう」と、谷川に近い熊田郵便局の佐藤彰生局長は指摘する。

 解決しない内水問題について、区長をはじめ地元の人たちはこれまでたびたび、行政に対策を要請。この日、現地の被害状況を視察した首藤正治市長も、県に向けてさらなる対策強化を求めていくことを佐藤局長らに説明したという。

 9年大水害後の特別事業対策が着々と完了する中、内水問題で取り残される形となった曽立地区の人たちは、「全国で局地的な豪雨も相次いでいる。対策を急いでほしい」と訴えている。

その他の記事/過去の記事
page-top