【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

言語聴覚士の役割知って

本紙掲載日:2016-09-19
2面
来場者の口腔検査をする言語聴覚療法学科の学生(イオン延岡店)

九保大の療法学科、無料相談会を開く−延岡

 言語聴覚障害や言語聴覚士について知ってもらおうと延岡市の九州保健福祉大学言語聴覚療法学科はこのほど、同市旭町のイオン延岡店で無料相談会を開いた。

 日本言語聴覚士協会では9月1日を「言語聴覚の日」、その前後1週間を「言語聴覚週間」として広報活動を行っている。無料相談会はその一環。同学科は昨年から、県言語聴覚士会延岡支部と連携して実施している。

 この日は、学生や県言語聴覚士会から計11人が、店内1階で言語聴覚士の仕事についてのパネル展や口腔(こうくう)機能測定などの体験、相談コーナーを設けてPRした。

 相談に訪れた人は、学生の指導のもと、グミを20秒間かんでそしゃく能力の数値を測ったり、機械に向かって発音し、口の周りの筋肉を調べるなどして自身の口腔内の状況を知った。

 同学科の下田康滉さん(4年)は、測定を終えた人に、「口の筋肉が衰えている人は口の体操をしたり、たまにでもいいのでするめなど硬い物を食べて予防をしてほしい」とアドバイス。

 岡山姫夏さん(同)は「患者さんが楽しくリハビリできるようにしっかりとコミュニケーションをとりながら信頼関係を築ける言語聴覚士になりたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top