【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ブドウと元気届ける−五ケ瀬町4校の4年生

本紙掲載日:2016-09-16
2面
熊本県益城町にある「益城復興市場・屋台村」でブドウを販売する子供たち(写真提供・五ケ瀬町上組小学校)

益城町の仮設商店街で販売会

 五ケ瀬町内4小学校(鞍岡、三ケ所、坂本、上組)の4年生23人は14日、熊本県益城町に開設されている仮設商店街を訪れ、農家の協力で育ててきたブドウの販売会を行った。熊本地震の被災地を支援しようと児童らが企画した。販売を終え、「おいしいブドウと元気を届けることができた」と笑顔で振り返った。

 販売した場所は、地震で被害を受けた店が集まり、今年6月にオープンした「益城復興市場・屋台村」。「熊本に元気を届けたい」という児童の強い思いと、両町の関係者の協力で実現した。

 この日、マイクロバス2台で約1時間半かけて復興市場に到着。一角に設けられたブースで販売した。販売したのは、芽の摘み取りや袋がけなど、手間暇をかけて育て、前日に収穫したばかりの「ブラックオリンピア」。市場では、手作りのチラシを配り、試食を薦めたりと熱心にPR。その姿に、訪れた人たちが次々と購入した。

 上組小学校4年の佐藤祐希君(9)は「一生懸命に育てたブドウを買って喜んでもらったのでうれしかった」、佐伯ふみさん(9)は「地震に遭ったつらさや大変さが吹き飛ぶように元気よく販売した。一人でたくさんのブドウを買ってくれた人もいてうれしかった」とにっこり。

 市場で茶を販売している富澤典子さん(63)=益城町商工会女性部長=は「子供たちが時間をかけて大切にブドウを育ててきたのが伝わった。子供たちの笑顔に元気をもらった」と喜んでいた。

 売り上げの一部5万円を義援金として市場に寄付した。

その他の記事/過去の記事
page-top