【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

乳牛に触れ酪農学ぶ

本紙掲載日:2016-09-14
8面
本物の乳牛で乳搾りを体験
恐る恐る乳牛に餌やりする子供たち
アイスクリーム作りでは冷たさを我慢しながら袋を振り続けた
出来上がったアイスクリームを食べ「冷たくておいしい」の声

はらはらわくわくふるさと体験隊−延岡

◆児童51人が矢北牧場で餌やりや乳搾りなど体験

 延岡市内の小学生が乳牛との触れ合いを通じて酪農を学ぶ体験が11日、延岡市松山町の矢北牧場であった。同市教育委員会が主催する「はらはらわくわくふるさと体験隊2016」の9月活動の一環。市内の児童51人が参加。同牧場の矢北次三さん(60)、玲子さん(56)夫妻の指導で、餌やりや乳搾りなどを体験、酪農についての見識を深めた。

 矢北牧場では、乳牛(ホルスタイン)32頭などを飼育。生産した牛乳は「延酪牛乳」の原料に使われ、市内を中心に愛飲されている。

 児童たちは、牛に慣れるため矢北さん夫妻やJA延岡職員などの指導を受けながら、最初に餌やりを体験。干し草の塊をほぐし、食べやすいように1頭1頭に分けて与えた。

 乳搾り体験では、「親指と人差し指で輪を作り、下までしごくように」との指導を受けると、児童たちは矢北さんたちの手つきをまねながら交代で乳搾りを体験。最初は戸惑っていた児童も時間がたつうちに手慣れた様子で、「たくさん出てくるー」などとうれしそうに取り組んだ。

 牛と触れ合った後は、アイスクリーム作りに挑戦。玲子さんの説明通りに、牛乳と生クリーム各50佞蛤重の入った小さな袋を、氷と塩の入った大きな袋の中に入れて、冷たさを我慢しながらひたすら振ったりもんだりし続けた。15分ほど経過すると、すっかり固まったバニラ味のアイスクリームの出来上がり。早速、試食すると「冷たくてとてもおいしい」など感動の声が上がった。

 南小学校5年生の谷口大紀=たいき=君(10)は「牛は思ったより大きくて、恐がりなことが分かりました。乳搾りは柔らかくて温かかった。牛乳は好きなので、今まで以上に飲みます」と話した。

 矢北さんは「実際に現場に入ってもらう機会は少ないので、体験を通じて酪農を含め、農業全般の仕事を理解してもらうとうれしい。今まで以上に牛乳に親しんでもらえれば」と消費拡大に期待を寄せた。

 同体験隊は、子どもの自主性や協調性、創造性、郷土愛、たくましく生きる力などを育てようと、同市教委が毎年開いている。今年は市内15小学校の1〜6年生各10人の計60人が参加。6月から来年1月までの毎月1回(全8回)、農業や漁業、林業、工業などの体験活動を行っている。次回は10月22日、自分たちで6月に手植えしたもち米の刈り取り作業を行う。

その他の記事/過去の記事
page-top