【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「のぼりざる」を手作り

本紙掲載日:2016-09-14
3面
橋倉さん(テーブル奥)から目の描き方について説明を受ける参加者たち
「のぼりざるフェスタ」のマスコットキャラクター・のぼるくんも、のぼりざる作りに挑戦。慎重に色を塗った

延岡で講座卓上型に挑戦

◆講師−唯一の制作者・橋倉さん

 延岡市の伝統工芸品「のぼりざる」を自分で作る講座の1回目が3日、同市東本小路の市民協働まちづくりセンターであった。10日に同所でもう1回開き、全2回で1体を完成させる予定。ただ一人の製作者、橋倉由美さん(同市西階町)から直接指導を受けながら、18人がそれぞれオリジナルののぼりざる(卓上型)を作っている。

 張り子は、橋倉さんが事前に作ったものを提供。参加者はポスターカラーで、胴体、帽子、足…と順に色を塗った。

 塗ったらドライヤーで乾かして、上から塗る色がにじまないようにする。表情の肝となる目や瞳は、細い棒に絵の具を付けて、はんこを押すように当てるのが、失敗しないこつだ。

 橋倉さんが作る基本的なのぼりざるは、胴体が灰色で赤い顔をしているが、参加者の作品はさまざま。体にハートマークの模様があったり、顔がパンクミュージシャン風など、個性あふれるのぼりざるが出来つつある。

 1回目は顔の色付けまでで終了。2回目にまわし、鼓、御幣などを付けて完成させる。

 「こんな経験はなかなかできないから」と参加した小田かのえさん(84)=同市惣領町=は申(さる)年生まれの年女。「手が思うように動いてくれないので大変です」と言いながらも楽しそうに取り組んでいた。

 同講座は、のぼりざるの名を冠する県北観光物産展「のぼりざるフェスタ」(10月22、23日)の実行委員会と、NPO法人のべおか市民力市場が共同開催した。

 のぼりざる猿の張り子の飾り物。三番叟(さんばそう)を踊る格好をした猿が、のぼりの下に取り付けられており、のぼりが風をはらむと、猿が竹ざおを伝って上る。子どもの立身出世や無病息災を願う意味があり、江戸時代に延岡藩の武士の妻たちが手内職として作り始めたといわれている。こいのぼりと同じように屋外に立てるタイプから卓上型まで大中小作られている。

その他の記事/過去の記事
page-top