【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市ふれあいフェスタ

本紙掲載日:2016-09-13
7面
アイマスクを着用し視覚障害者用のゲームに挑戦する来場者
フラスタジオ・マカニ・オルオルによるフラ

共に支え合う地域づくり

 障害のある人もない人も集い、楽しく触れ合おうと「2016日向市ふれあいフェスタ」は11日、同市文化交流センターなどであった。同市主催。地域における支え合い、交流を促進しようと毎年開かれている。

 身体障害のある子どもたちの保護者でつくる「handinhandままの会」は、子どもたちの日常生活などをまとめた文章や写真を掲示し、「この地域で生活していく上で、この現状を知ってもらい、障害への理解を進めていただけたら」とメッセージ。

 災害時の避難場所や食事の確保などの課題も示して、「それぞれの家庭で備えをしていても、やはり周りの皆さんの助けなしでは難しい。困っている家族を見かけたらご理解、ご協力を」と呼び掛けた。

 来場者は、日向聴覚障害者協会による手話教室で簡単な手話を学んだり、アイマスクを着用して視覚障害者用のゲームなどに挑戦したりと、福祉に対する理解を深めていた。

 また、防災備品の展示やフリーマーケット、同市社会福祉協議会職員による劇「手話に目覚める」、フラスタジオ・マカニ・オルオルによるフラの披露などもあり、さまざまなイベントを楽しんでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top