【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ブドウ食べて元気に」−五ケ瀬町内4小学校

本紙掲載日:2016-09-13
1面
熊本県益城町で行う販売会を前に、収穫したブドウを手に笑顔の子供たち
ビニールハウスでブドウを収穫する子供たち(13日午前)

14日益城町で販売会

 五ケ瀬町内4小学校(鞍岡、三ケ所、坂本、上組)の4年生23人は14日、熊本地震で被災した熊本県益城町に開設されている仮設の商店街「復興市場」に出向き、地元の農家の協力で育ててきたブドウの販売会を行う。子供たちは「益城町の人たちがうれしくなるように元気よく販売したい」と張り切っている。

 4校の4年生は毎年、「総合的な学習の時間」を活用し、町内で生産が盛んなブドウについて学習。その一環として販売会も行っている。

 今年の販売会は、子供たちから「熊本の人たちに元気を届けたい」と被災地での実施を計画。関係者のつてを頼りに同市場に連絡したところ、快諾してもらったという。

 販売するのは、粒が大きく、強い甘みが特長の「ブラックオリンピア」。販売会前日の13日は、活動に協力している同町桑野内の農業興梠浩幸さん(51)が所有する広さ約1・5アールのビニールハウスで収穫作業。ブドウの枝の脇から生えた芽の摘み取りや、房の形を整える「花セット」、袋がけなど手塩にかけてきたブラックオリンピアを一房ずつ丁寧にはさみで摘み取った。

 収穫後は、近くの上組小学校に移動。袋から取り出し、ひび割れした実などを取り除いた後、販売用のビニール袋やパックに詰め替え、準備を整えた。

 あすの販売会は、午前10時45分からと同11時30分からの2回。1房400〜700円、1パック500円で販売する。数に限りがあるため、なくなり次第、終了する。

 三ケ所小学校の甲斐蛍人君(10)は「大きな声で販売したい。一生懸命に育てたブドウを食べて熊本の人たちに笑顔になってほしい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top