【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東海中プール前倒し再整備へ−延岡市

本紙掲載日:2016-09-09
1面
松田丈志選手功績をたたえる記念プールと位置付け、首藤市長が前倒し整備を明らかにした東海中学校プール

五輪3大会連続メダル−偉業たたえ、松田丈志祈念プール

 延岡市の首藤正治市長は8日、五輪3大会連続でメダルを獲得した競泳の松田丈志選手(32)=同市出身=の功績をたたえる記念プールについて、同選手が世界に羽ばたく原点となった東海中学校プール(通称・ビニールハウスプール)を前倒しで再整備し、記念プールに位置付けたい考えを明かした。市議会9月定例会一般質問で中城あかね議員(自民党きずなの会)の質問に答えた。

 中城議員は、市民や国民に大きな夢と希望を与えた松田選手の偉業をたたえ、「機は熟した。屋内温水プールを備えた記念プールを建設する考えは」と質問。対して市長は「私としては、松田選手の原点と言われる東海中学校プールを前倒しで、しっかりとした形で再整備することで、記念プールという位置付けにしてはどうかと考えている」と答弁した。

 また、議員の「県に要望して県営プールとして誘致する考えは」との質問には、「県営プールは10年後の国体に向けた整備になるため、早期完成は望めない可能性もある」とした上で、「記念プールという趣旨からすると、現段階では早期実現が可能な東海中学校プールがふさわしいのではないか。整備のあり方を検討したい」と述べた。

 加えて、市長は、市が現在、県営総合体育館の建設要望書を県に提出している経緯にも触れ、「(県営総合体育館)に加えて県営プールの誘致も同時に可能であるかの可能性も模索していきたい」との考えも示した。

 東海中学校プールは昭和50年度に建設された25メートル(8コース)プール。ビニールハウスに例えられる上屋(屋根)部分は昭和59年に東海スイミングクラブが設置し、その後、平成11年度に同クラブが市から一部補助を受け、加熱装置を取り付けて温水化している。

 松田丈志記念プール建設については、400メートルメドレーリレーで銀、200メートルバタフライで銅メダルを獲得したロンドン五輪翌年の平成25年3月、延岡商工会議所や市水泳連盟の代表らが中心となり、5万7064人の署名と日本水泳連盟公認の屋内温水プールを備えた施設建設を望む要望書を市に提出している。

 松田選手は、リオデジャネイロ五輪・競泳800メートルフリーリレーに出場し、銅メダルを獲得。五輪4大会連続出場、3大会連続メダル獲得の偉業を成し遂げ、その間、地元をはじめ国内外に夢と希望を与え続けた。開会中の岩手国体を最後に現役引退を表明している。

その他の記事/過去の記事
page-top