【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県議会−代表質問初日−黒木正一議員

本紙掲載日:2016-09-08
2面

 県議会定例会は7日から代表質問が始まり、初日は黒木正一議員(自民、東臼杵郡区)が登壇した。主な質疑応答は次の通り。

◆アオサギの捕獲期間延長−実態把握し柔軟に対応

【黒木正一議員】
▽農業の担い手対策=UIJターンによる新規就農者確保にどう取り組むか。
▽港湾防災=細島港などの地震・津波対策はどうか。
▽門川高の「福祉科」新設=経緯を教えてほしい。
▽アオサギの捕獲期間延長=稚アユ被害が深刻。90日以内にはできないか。

【郡司行敏農政水産部長】
▽農業の担い手対策=UIJターンによる新規就農では、幅広い分野から新たな視点や農業以外のさまざまなスキルを持った人材確保が重要。東京のUIJターンセンターを拠点に、定期的な就農相談会や基礎から学べる就農講座を開き、移住就農を広く呼び掛けたい。

【東憲之介県土整備部長】
▽港湾防災=耐震強化岸壁などの整備に加え、津波でも壊れにくい粘り強い構造の防波堤や、港湾利用者を津波から守る高台整備を進めている。ソフト面でも避難誘導標識設置などに取り組む。

【四本孝教育長】
▽門川高の「福祉科」新設=福祉関連の法改正で医療的ケアの学習が必要となり、総合学科内での教育課程では対応が難しくなったことなどが理由。

【大坪篤史環境森林部長】
▽アオサギの捕獲期間延長=被害実態などを把握し、柔軟に対応したい。

その他の記事/過去の記事
page-top