【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

運転適性相談員を配置−県内3免許センター

本紙掲載日:2016-09-08
3面
「気軽にご相談を」と呼び掛ける運転適性相談員の兼松かおりさん(延岡運転免許センター)

延岡の兼松さん「返納」よりよい方法を

 高齢者やてんかんなどの持病で運転に不安のある本人や家族に向け、県は今年4月から、県内の3免許センターに運転適性相談員(看護師)を配置しての無料相談を実施している。

 高齢者の増加に伴い、近年は免許の自主返納を考える相談が増加。このうち、県北の窓口となる延岡運転免許センターにも連日、相談者が訪れ、今年は5月末までに相談件数が117件と前年同期比で11件増加、自主返納者は6月末までに157人(前年同期比39人増)に達した。

 相談件数は適性相談員配置以降、さらに増加傾向にあるが、相談員の兼松かおりさん(看護師)は「運転に不安がある方はまだ多いのではないか」と考えている。

 その理由について兼松さんは「『相談=免許を取り上げられる』と思っている方が多い」と説明。「返納ありきではなく、あくまでも相談者にとってよりよい方法を一緒に考えるのが目的ですから」と、相談制度への理解を求めている。

 相談は、免許を持つ本人やその家族から受けるだけでなく、免許更新の際に記入してもらう質問票で「過去に運転中、気を失ったことがある」など回答した人に任意で相談を求める場合もある。

 多いのは「運転が怖いので、免許を返納してもらいたい」という高齢運転者の家族からの相談。そうしたケースのほとんどは、本人は返納する気がないという。

 ただ、専門知識のある看護師が配置されてからは、本人に直接話をすることで、返納を希望する人が着実に増えてきているという。

 同免許センターの前田紀史所長は「以前であればセンター職員が、返納後に利用できる優遇措置(高齢者運転免許証返納メリット制度)を説明する程度だったが、相談員がさまざまな角度から話をすることで、考えを変える方が多くなった」と説明する。

 来年3月からは、75歳以上の人が免許更新時に受ける認知機能検査が強化され、運転継続の条件がより厳しくなる。同センターは「その時に免許を取り消されるようなことになってほしくない。さまざまなアドバイスができるので、ぜひ気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。

 運転適性相談は平日午前10時〜午後5時。問い合わせは延岡運転免許センター(電話延岡33・9999)。

その他の記事/過去の記事
page-top