【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向灘、温暖化で魚類相が変化−北方系も進出

本紙掲載日:2016-09-06
3面
県の魚類と温暖化について話す岩槻教授

宮大学公開講座

◆岩槻教授が講話

 宮崎大学と延岡市教委共催の公開講座「海を知る」の第2回は3日、市社会教育センターであり、海洋生物環境学科の岩槻幸雄教授が「宮崎県の魚類と温暖化」のテーマで話した。

 国連食糧農業機関(FAO)の魚類顧問を務める岩槻教授によると、世界の海産魚類の約27%にあたる4810種が日本を含む北西太平洋域に分布しており、このうち1360種が同海域の固有種という。

 宮崎県では1213種が確認され、アカメをはじめほかの海域では見られない魚も生息。新種の発見も相次いでおり、岩槻教授は「まだ図鑑に載っていない、名前もない魚がいる」と話し、受講者の興味を引いた。

 温暖化については、この100年間で日向灘の海水温が1・24度上昇していることを紹介。これに伴い、日向灘で確認された魚が30年前から約400種増えるなど魚類相が除々に変化していると指摘した。

 近年多く見られる南方系の魚類には、[圧緡鹽腓吠布し、黒潮に乗って来る同列島には分布せず、中国大陸や台湾周辺海域から来る−と生態的特徴の異なる二つの種があり、個体数が多く、連続して出現する大陸性の魚が日向灘の魚類相の変化に大きく影響しているという。

 また、最近10年間は冬場の海水温が下がる傾向にあり、南方系だけでなく、北方由来の魚類も23種が確認されているという。

 海水温の上昇による魚類への影響について岩槻教授は、河口域などにすむキチヌのうろこの数など遺伝的変容を紹介。温暖化の功罪には「その人や地域がどう考えるかという問題だが、予想不能になるという点では水温は安定した方がいい」と述べた。

 次回の講座は10日午後2時から同センターで開き、村瀬敦宣助教が「河口にすむ魚たちの生態とその魅力について」のテーマで話す。

その他の記事/過去の記事
page-top