【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市こども議会(中)−18中学校の代表が登壇

本紙掲載日:2016-09-06
1面
延岡市の道路環境整備について質問する西階中学校3年の盒粁吠燭気

通学路の安全確保を−

【佐藤駿さん】(黒岩中3年)
▽熊本地震など大規模地震が発生した際の延岡市の避難所運営のための具体的な対策を、特に(資輸送の方法避難所でのプライバシーの保護E澆遼百対策、夏の熱中症対策について教えてほしい。

▽首藤市長=避難所までの物資輸送は、災害対策本部厚生班が仕分けやニーズに応じた調達・輸送を担当する。プライバシー保護は、パネルの間仕切りなど避難所運営マニュアルに準じた対策を行う。防寒・熱中症対策は避難所の居住環境が異なるため、避難所運営委員会で具体的な対応策を協議し、必要物資は災害対策本部に調達を依頼する仕組みとなっている。

【佐野星来さん】(岡富中2年)
▽体育館が建て替え工事中で、部活動や生徒会活動が十分にできない状況。無料で貸してもらえる体育館もあるが、有料もあり困っている。体育館ができるまで、カルチャープラザを貸してもらえないか。
▽笠江教育長=来春の卒業式や入学式は新体育館で行えるよう、来年3月中旬までの完成に向け工事している。学校行事で市の施設を利用する場合、教育委員会で使用料の減免措置を行い、無料で利用できるよう対応しているが、カルチャープラザは激しい運動をする施設ではなく、普段から多くの市民や団体が利用しており、部活動の利用などは難しいと考えている。

【園田夏菜さん】(旭中3年)
▽多々良地区の道路が整備され交通量が増えた影響で、渋滞を回避する抜け道として旭中学校前の道路を通行する車が多くなっているように感じる。私たちの安全を守るための道路整備の対応を教えてほしい。

▽首藤市長=整備した多々良地区の富美山通線は、市街地の渋滞を解消するためのバイパス道路として整備したが、その結果、抜け道として旭中学校前をスピードを出して通行する車もいるようだ。市としては、車が減速して通行するような路面標示などの設置について検討したいと考えている。このほかの危険を招く箇所には、市としてしっかり対応したい。

【盒彊Τい気鵝曄米遽挫罍廓)
▽「ひむか遊パークうみウララ」の観光客は増えているが、同じエリアの熊野江海水浴場は増えていない。他と比べイベントがなく、施設も不十分。魅力とにぎわいのある海水浴場にするため力を貸してほしい。

▽首藤市長=熊野江海水浴場だけでなく市全体の公共施設の老朽化が問題で、長期的視点で計画的に施設の補修整備に取り組んでいるため、今あるトイレやシャワー設備の点検や清掃をこまめに行い、快適に利用してもらえるよう努めたい。地元の海水浴場を思う気持ちは大切であり、市も一緒になって魅力とにぎわいのある海水浴場になるよう努めたい。

【盒粁吠燭気鵝曄弊廠中3年)
▽校区内には暗く狭い道が多い。特に天下や吉野、松山などは暗く、下校時は危険。うぐいすや西階などの団地は交通量が多く、曲がり角は見通しが悪いため接触事故の危険もある。交通整備を充実する計画は。

▽首藤市長=延岡市では学校や警察、道路を管理する国・県・市が通学路の合同点検を年1回開き、危険箇所の把握に努めている。道路が狭く危険な箇所は道路を広げる工事をしたり、交差点など見通しの悪い箇所はカーブミラーを設置するなどしている。暗い道への防犯灯の設置については、区が行ってもらうことになるが、市が補助金を出すなど支援している。

【長野真帆さん】(島野浦中3年)
▽島野浦の活性化には自然を生かした観光開発が必要。トレッキングやシーカヤックが体験できるが、環境整備は十分ではない。予算面の支援を含め、島の活性化に対する市の考え、計画があれば教えてほしい。

▽首藤市長=観光開発や施設整備については、トレッキングコース整備に必要な草刈り機の購入支援、遠見場山頂上の柵の設置、観音巡りを紹介したマップの作製などを行っているが、施設の整備や開発が自慢の豊かな自然環境を壊しては意味がないと思っている。今後とも地域の意見を聞きながら、観光開発と環境保全とのバランスが取れた事業を進めたい。

その他の記事/過去の記事
page-top