【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

実習田「気合田」に五色米−日向

本紙掲載日:2016-09-05
3面
五色に染まった坪谷小学校の実習田「気合田」と、刈り取った稲穂を掲げる児童たち

児童18人が一部収穫−東郷町坪谷小

 日向市東郷町の坪谷小学校(樋口雅一校長)の児童18人は1日、同校近くの実習田「気合田(きあいだ)」で、美しく実った五色米の一部を刈り取った。働くことの喜びや尊さを体で学ぼうと、実習田を管理する地元の農業・寺原正さん(67)から指導を受けながら毎年、米作りに取り組んでいる。

 実習田の広さは約10アール。一般的なもち米と五色米を育てており、五色米は今年で9年目の取り組み。この日は五色米の一部を観賞用として刈り取った。

 今年は初めての試みとして「赤もみ」「黒もみ」「白の毛」「赤の毛」「黒の毛」の5品種の配色を児童たち自ら決めた。寺原さんは「こんなにきれいに色付いたのは、みんなで種をまき、田植えをし、草取りをしたから」と話し、「丁寧に刈り取っていきましょう」と呼び掛けた。

 トンボの飛ぶ中、児童たちは一列に並び、カマを使って1株ずつ慎重に刈り取った。1年生の後藤颯介君は作業用のつなぎ服姿で張り切って挑戦。「初めてカマを使ったけど、ザクッと1発で刈れたのでうれしかった」と話した。

 刈り取った稲穂は、観賞用として地域の公民館などに配られる。残りは全て来月に刈り取る予定で、12月に餅つき大会を開き、五色米と一般的なもち米を食べ比べてみるという。

その他の記事/過去の記事
page-top